« 映画鑑賞2011年まとめ | トップページ | 映画鑑賞『ひまわり』 »

2012年3月 5日 (月)

映画鑑賞『ロボジー』

弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太田、長井の3人は間近に迫るロボット博での企業 広告を目的に、二足歩行のロボット開発に奔走していた。しかし、発表直前の1週間前にロボットが大破してしまう。慌てた3人はとっさの判断で、一人暮らし の頑固老人・鈴木(五十嵐信次郎)をロボットの中に入れて出場したところ、鈴木の奇妙な動きが絶賛され……。

-シネマトゥデイより-

340605_001

相変わらず、笑いのスパイスがそこかしこに散りばめられている矢口監督作品。
映画タイトルそのまんまの、ロボットの中に入る爺さん役のミッキー・カーチスの爺さんぶりが、笑いを増幅させてくれ、笑いまくった1時間51分でした。

340605_002

爺さんと言うより、クソ爺と言いたくなる程の頑固者で、でも寂しがり屋な「鈴木」さん。
ロボット開発などには全く無縁だった家電メーカーの三人三様の性格設定と、絡んでくるロボットオタクの女子大生など、登場人物それぞれが個性的で、ラストまで上手く纏めてある。
が、纏まったと思ったその後が、また爆笑(^<^)
どうなる!? 鈴木さんと、開発チーム4人組(笑)

エンドロールにミッキー・カーチスの名が無かったのだが、新人俳優・五十嵐信次郎として出演してたのね。。。
私はミッキー・カーチスと知って観ていたが、若い方には確かに無名の新人役者だろう。
が、なかなか味のあるクソ爺ぶりで、今後の活躍を期待したい(笑)

|

« 映画鑑賞2011年まとめ | トップページ | 映画鑑賞『ひまわり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207760/54147568

この記事へのトラックバック一覧です: 映画鑑賞『ロボジー』:

« 映画鑑賞2011年まとめ | トップページ | 映画鑑賞『ひまわり』 »