« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

不毛な会話

入社してから良い事しかないようなブログを更新中だけど、そんな美味しい事づくめな訳がない(爆)
どこにでも、1人や2人はお付き合いしたくないタイプってのが存在するものです。
蒼麻乃の場合、苦痛なのは不毛な会話で盛り上がる人。
大抵の場合、こういう会話を繰り広げるのは女子社員(蒼麻乃も一応女子社員だけど)ですが、絵に描いたような人が部署に若干1名……
女子ってよりは、おばさん。
ま、蒼麻乃も十分おばさんですが(^^;;
大学生のお子さんがいるって言っているので、もしかすると蒼麻乃と同年代やもしれませぬが、とにかく老けて見えるので私より年上だと勝手に邪推。
いえ、例え同年代だとしても、いや逆に同年代か年上だとしたらあまりにも大人気なさすぎな会話の数々。
この方との会話はランチタイムにしか発生しないし、私は会話をする気がないので専ら会議室机ひとつ分の距離から聞こえてくる声を聞くともなしに聞いているだけですが、とにかくランチタイムの1時間を余すことなく使って、愚痴・不平・不満・自慢のオンパレード。
1対1でなくて良かったと本気で安堵しちゃうくらいの勢いで喋りまくりです。
それが、いかにも嫌そうな声と表情で大げさ且つ物知り訳知り顔のスカした口調で話すものだから、気分が悪いのなんのって!!
そのいやらしさが、既に通常時から顔に出ている所が怖いです。
性格って本当に顔に現れるんですね。
更に、やたらと他人を弄りたがる。
特に男性陣を……
なんなんでしょうか?
自己申告曰わく、夫婦円満で、家事全般やってくれる出来た旦那様と名大に現役合格しちゃうような超出来の良いお子さんがいても、男性に構って貰いたいんでしょうかね。
もはやその弄り方は、半端ないどころか嫌悪感さえ覚えてしまうもの。
特に、弄られる側にしてみれば、本人ではどうにも出来ないような身体的特徴部分に狙いを付けて弄るから、性質が悪い。
例を挙げるなら、小柄な男性に、

「小さくて見えなかった」

みたいなね。
言った本人はナイスジョークなつもりで御満悦な御様子。
が、言われた方は笑って受け流しているものの、決して気分の良いものではないと思うのですよ。
いえ、他人の心の内なんて分かりませんから、気分を害しておられるのか否かは判断出来ません。
が、余程のマゾ体質でない限り、でもってあのスカした粘りっこい口調で弄られたら、私なら怒り臨界です。
女性陣が無理やり固まってお弁当を広げるのも、実は苦痛。
基本的に蒼麻乃は個人行動が苦にならず、映画鑑賞や呑みに行くのにも、お1人様でも全然平気って体質が根底にあるからかもしれませんが、楽しい話題か笑い話的愚痴悪口ならともかく、不毛な会話に1時間も付き合うのは貴重な休憩タイムが勿体無い。
しかも、愚痴悪口の内容は御本人には害がないものばかり。
目に付くもの全てを否定したいんでしょうか。
まるで昼ドラのお隣さん……
ま、そのおばさんは5月一杯でいなくなる人なのでスルーすれば良いだけなのですが、実はそのおばさんから仕事の半分を引き継がなければならないと言う罠(;`皿´)
おばさん自身、仕事の内容をよく分かっていなくて、しかもその状態を自覚しないまま、いや寧ろ仕事が人並み以上に出来るつもり満々でいきなり一部分を抜粋して説明を始めるので、これまで聞いた内容は突拍子もなく分かりにくい上に話が飛んだり抜けたりで、こんなんで無事に引き継げるのかよってすんごく不安。
せめて、どこの流れのどの辺りに位置する仕事なのか説明が欲しい。
あと、このおばさんに限らず、女子ってなんで他人の目の前でコソコソ内緒話するんでしょうね。
どなたかの事を噂しているのか、日常会話かは存知あげないけれど、トイレなどの他人の目が届かない所でやってくれないですかね。
気分悪いっすよ、本当に。
さて、このスカして粘っこい口調のおばさんとの引き継ぎ……
これが今日から本格始動で、気が重いです。
しかもこのおばさん、自分の間違いを絶対に認めない性格ときた!!
これ、指示を受ける身としては本当に困ります。

「○○やって」

と、言われてやってみれば、

「そんな事、言いましたっけ? 言ってませんよね。違います、△△です」

と、私に言った内容を十数分後にはサッパリ忘れている御様子。
さっき言ってた事と全然違うじゃんよ(-"-;)
難儀な人です(溜息)
基本的に日本語能力と読解力が著しく欠けているのではないかと分析。
言うこと全般が説明になっていないし、この人はヤバいとすぐ分かったので何か説明を受ける度に蒼麻乃の言葉に置き換えて何度となく確認をしているにも関わらず、あれもこれもそれも全部『違う』とくる。
更に、聞き返すと『さっき言いましたよね』と言う、ありがちなんだけど勘違いな人が良く使う台詞が飛び出す。
かなり痛い人ですね。いや、痛すぎる!!
もはや語学力云々以前の問題かもしれませんが、それは個々の体質だから非難は出来ません。
つい先頃も、言った事を頭に留めない日本語能力が低い中身空っぽな人にアイタタタな目に遭わされた経験があるから、今回はおばさんのそんな所行に驚きもしません。
いるんですよね、そういう人。
だから、

『ああ、またか……』

と、そんな感じで受け取れてます。
もしかすると、否定や自慢は中身空っぽの証? とさえ思えてくる有様(笑)
まあ御本人からすれば、これまで普通に社会人をやってこられたので困っていないのでしょうし、自分自身に疑問を抱いたり問い掛けたりする事など皆無なのかもしれません。
蒼麻乃からすれば、よく今までやってこられたな…… ですが。
余程、周囲が理解ある人で固められていたのか、痛すぎて誰も口を挟めなかったのか、どちらでせう? と思いますね。
ま、それは余計なお世話でしょうから置いておくとしても、正しい言葉を使えない人と意志の疎通を図らなくてはならないなんて拷問だー(゜∀゜;ノ)ノ
仕事上の、しかも期間限定で付き合うだけで、友達として恒久的に相手を理解しろと言われている訳ではないのがせめてもの救い…… かな(O.O;)(o。o;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

映画鑑賞『SP ー革命篇ー』

官房長官を狙ったテロから2か月。警視庁のSPである井上(岡田准一)は上司の尾形(堤真一)への不信感を募らせながらも、尾形の指令で国会での警備を担当することになる。そして麻田雄三(山本圭)内閣の不信任案の採決が行われようというそのとき、国会議事堂で銃声が鳴り響き……。

ーシネマトゥデイよりー

336792_001
岡田准一主演のテレビドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」と『SP 野望篇』の最終章となる劇場版第2弾。官房長官を狙ったテロから2か月後、通常任務をこなしていた主人公たちSPの面々が、混乱を極める国会議事堂で巨大な陰謀と対峙する姿を怒とうのアクションと圧倒的なスケールで描く。

な、話題作。
震災直後に鑑賞に行ったものの、日々会見しまくりの枝野官房長官の姿を見ていたら、さすがに感想を自粛せざるを得ませんでした。
枝野さんがいなければ、恐らくおもしろおかしく感想を書き立てていた事と思います(^^ゞ

で、待ちかねた映画の内容は、

堤さん、格好良い♪
堤さん、一人勝ち!!
アクションシーンでも「静」を感じさせる堤さんの演技力にLove(∩.∩)
堤さんの目力は凄い\(^O^)/
でもって、やっぱり真木よう子ちゃんが無茶苦茶格好良い♪

336792_004

ってな感じで、主演は岡田君なんだけど、裏主役は堤さんでしょ!! と、断定出来ちゃうくらいに堤さんが出ずっぱり。

ただ、実際にSPが反乱を起こしたら? と、考えさせられる内容でもあり、今の政権や日本の有り様への皮肉がタップリ込められていました。
そんなにスカスカなんか、国会議事堂は……
不謹慎ながら、本当にあんなに警備が手薄なら、誰か実際に革命起こしてくれないかな(核)とまで考えてしまう自分に苦笑。

さて、この作品は今作で完結とありますが、大きな謎の数々を残したままです。
尾形が尾形でないのは分かったが、では本物の尾形総一郎は、今いずこ?
尾形から井上への手紙の内容は一体何だったのか?
更に、まだまだ警察及び霞ヶ関の官僚の中に尾形の息がかかった連中が大勢埋もれていそうな気配もプンプン。
極め付けは、取り調べを受ける為に独房から連行する際に尾形に手錠を掛けた警官の台詞……
まだ、何かどんでん返しがありそうな、終わりとは思えないファイナルエピソードでした。
これは、フジが続編を作る気満々なのか、それともこの後再度起こるであろう革命を鑑賞者自体が各々想像して下さいという意味なのか?
ともかく、謎を残した終わり方は、映画版「アンフェア」を彷彿とさせます。
ただし、私としてはこれで十分楽しませて貰ったので、スピンオフ作品や続編は作らないで欲しいと切実に願いたいところです。
てか、作りやがったら、許さへんで(`_´)

336792_005

あ、そうそう、国会議事堂シーンは、名古屋市役所で撮影されたそうです。
えーーー、堤さん名古屋に来ていたの!?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

お土産付き工場見学

行ってきました、工場へのご挨拶。
想像以上に広い敷地にビックリ。
『各事業部間はチャリ移動くらいの広さ』
な、蒼麻乃の想像を遥かに上回り、三重亀山にある工場は、各事業部間は車で疾走しないと行き着けない程の広さでした。
しかも、敷地内に桜並木。
所詮、工場内の桜並木と思うなかれ!!
五条川の桜並木ほどの、もの凄い花見スポット的なものでしたから(爆)
既に殆ど散ってしまっていたものの、それでも散り遅れた花びらが風が吹く度にヒラヒラ……
昨日は風が強かったので、その様子は正に花吹雪。
工場内は12時~13時は車の通行が禁止になる中、私達が関係者への挨拶を終わらせたのは11:57(^。^;)
守衛室に工場内への車の乗り入れ許可証を返却した所で、12時を示すサイレン音が鳴り響くのを聞きながら、一同安堵の溜め息を漏らしたのは言うまでもない(笑)
12時を過ぎると正門も閉まって出られなくなっちゃうのでね。当然、入る事も出来ません。
さて、ホッとした途端に4人は急速に空腹を感じ出し、でも目を付けていたレストランは定休日。
結局、高速の御在所SAの『カキヤス』で豪華ランチと相成りました。
何でも好きなモノを食べて良いよと言う割に『サーロインステーキ』と『黒毛和牛のすき焼き』は却下されたので、全員『黒毛和牛入りハンバーグ定食』のラインナップでメニューチョイス&完食。
更に営業さんは事務所の女の子へのお土産に『どら焼き』まで買ってくれ、本当に仕事での外出ではなく、大人の工場見学的要素がバリバリ(爆)
いやはや、方々へのお気遣い、傷み入りますm(_ _)m
が、14時過ぎに帰社したら、仕事てんこ盛り(≧ヘ≦)
しかもデータも普段より多いときたもんだ!!
美味しい想いをしたあとのしっぺ返し……
ま、こんなもんだね(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

破産!?

えええーーー!?
どんな大手企業が潰れても驚かないけど、これはかなりショックです。

米名門オーケストラが破産申請へ=フィラデルフィア管弦楽団

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

至れり尽くせり

今日は、会社の歓送迎会。
来週19日は、引き継ぎのご挨拶を兼ねて、三重工場訪問。
現派遣ちゃんと私は今からピクニック気分(爆)
更に、取引先のT自動車関連企業なD社担当さんから、GW明けに引き継ぎ挨拶を兼ねた歓送迎会をやろうと立案&お誘いがあった。
たかだか派遣に、待遇良すぎ。
でも、工場や取引先とのコミュニケーションは確実に仕事に反映されるから、とても助かるお気遣い。
感謝感激m(_ _)m
営業事務と生産管理の経験双方が役立っているのも助かる。
経験は宝だね!!
あとは嫌な想い出を苦笑出来るように出来れば尚OKだけど、心の問題には時間を掛けて取り組まなくちゃ。
焦らない、焦らない……
しかし、会社行事目白押し(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

猿より結構

会社の左隣の席の男性は、5/1付で日光に転勤する。
聞けば、元々出身があちらなので、転勤と言うよりは帰れるって意識みたいだけど。
が、そんな話しを聞いたら、つい言いたくなっちゃうじゃん!!
だから素直に、

「日光を見ずして結構と言わず」

と呟いたら、ハグされそうな勢いで大喜びされた。
彼曰わく、最近は日光と言うと「あー、猿軍団の!!」と言われる事の方が当たり前で「結構」発言者は皆無に等しく、久しぶりに日光を讃える台詞が聞けて嬉しかったんだとか……
泣けるね(違)
これしきの事でそんなに喜んで頂けるなら、毎日囁かせて頂きましょう!!(^◇^)┛<迷惑やて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

ネパールカレー

ネパールカレー

気になって仕方がない例の職場近くのネパールカレーレストラン。
しかも、通う期間が22日までの限定だから、焦る焦る!!
焦った結果、今夜勢いで入店です(爆)
御店主とシェフは、気さくな笑顔と優しい口調が素敵なネパールの方。
店内にはスパイスの薫りが漂い、異国情緒満点。
注文したBセットは、¥1365。
スープとカレー2種類とナンとライスとタンドールチキンと、デザート及びドリンクな内訳。
カレーはチキンとほうれん草をチョイス。
で、出てきたものが上の写メっすよ\(^ー^)/
凄いボリュームな上に、スパイシーながらも円やかなお味で、小躍りしたくなっちゃう美味しさ♪
インドカレーよりスパイシーさ控え目な感じかな?
あと、試作中らしいデザート味系焼きたてナンを、ご好意でひと切れいただいちゃいましたm(_ _)m
シナモンの風味が効いているレーズン入りのナンは、これまた絶品。
うみゅみゅ、カレーもナンも病み付きになりそうなお味。
22日まで通いまくりそうな自分が怖い(^。^;)
蒼麻乃の携帯と手帳に行き着けにしたいお店、1軒追加(笑)
会話も盛り上がり、心もお腹も満腹(^w^)
つか、食べ過ぎ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

私用で使用

入社4日目にして、他人を観察するゆとりが少し出てきた蒼麻乃。
4/1日付で入った若い派遣ちゃんを何気に眺めていたら、午前中は自席後ろの、ランチタイムには会議室の電源で私用携帯の充電をしている事に気付いた。
当然、午後も……
ちょっとビックリ(^。^;)
今時の携帯って結構バッテリーが保つし、会社勤めをしてると使用頻度は自然と低くなる。
私の場合チェック&返信は、ランチ時と終業後残業前に少しと帰宅時の3回程度。
無論、ブログやmixiをチェックすると、メールチェックだけするよりバッテリーは喰ってるだろうが、それでもたかがしれている。
そんな私の携帯は1~2日くらい充電無しで放置しても全然平気なんだけど、同じ職場で同じ業務の派遣ちゃんは常に会社で充電(爆)
どういう使い方をするとそんなに電池を消耗出来るのか、ムチャクチャ気になるやん(笑)
あ、もしかしたら充電頻度が高すぎてバッテリーが保たなくなってるのかな!?
だったら、ある意味疑問解消。
ま、本来は社会人としてのモラルの問題なんだけど、そこは取り敢えず置いておこっと(^_^;)
それに、ウッカリ今日だけかもしれないしね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

人の流れに身をまかせ

今朝、乗り換え駅で地下鉄を降りたホームの目の前に止まっている電車に乗れなかった蒼麻乃です。
歩数にして、大股で僅か5歩。
乗れない方がおかしい位の距離を阻んだのは、大量の人・ひと・ヒト!!
月曜だからか、4月だからか……(恨)
人の波に流され阻まれ電車に乗り遅れた結果、出社3日目にして遅刻決定ぼいじゃん!?
当然、猛ダッシュするも3分遅刻(°□°;)
が、息を切らしながら恐縮の体で扉を開けた途端、大爆笑の渦に巻き込まれた上に、いきなり有名人でやんす(爆)
笑い飛ばしてくれる会社で良かったよ~
明日から、乗る車両を変えねば(;`皿´)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

天を恨まず

これは、避難されてる人々が見守る中で執り行われた中校の卒業式で、卒業する3年生が涙を零しながら歯を食いしばって紡いだ言葉です。
世界最高の津波対策と避難マニュアルがあった彼の土地を襲った地震と津波は、自然災害を前にした際の人間の無力さを突き付けてきました。
人間の経験とそこから得た叡智を、自然はいとも簡単に覆します。
そんな未曽有の被害を経験しながら、彼はどんな想いで『天を恨まず』と言ったのか……
気付けば、被災地の方々の姿に元気付けられてる現実。
頑張らなければいけないのは、被災者ではない私達でなければならないのに。

天を恨まず

この言葉を一生忘れてはならないと強く思いました。

ー全文ー

    気仙沼市階上中学卒業答辞 
    卒業生代表 梶原裕太



    階上(はしかみ)中学校と言えば防災教育と言われ、
    内外から高く評価され十分な訓練もしていた私たちでした。

    しかし自然の猛威の前には人間の力はあまりにも無力で、
    私たちから大切なものを容赦なく奪っていきました。

    天が与えた試練と言うには、むごすぎるものでした。
    辛くて悔しくてたまりません。

    しかし苦境にあっても、天を恨まず運命に耐え、
    助け合って生きていくことが、これからの私たちの使命です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

part3(^。^;)

子供達の入学式2連発を見届けた本日、蒼麻乃就業スタート!!
家族の中で、一番ドベチンかぁ……(笑)


営業事務や営業アシスタントって一連の流れを覚えたら、経験を元にして案外好き勝手にカスタマイズして業務改善できるんだけど、覚えるまでが結構パニックなんだよな~
で、一番厄介なのは当然の如くクセのある社員じゃなくて、クセのある客先。
が、クセがありすぎる客先のおかげで社内が平穏な罠(苦笑)
人間は、共通の敵が現れると今まで敵対していた者同士が団結するって聞いた事があるけど、あれ本当だったんだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ひとり静かに失せにけり

さくらさくら


言葉に出来ない美しさです。
だから画像だけアップ。
この景色を前にした言葉は、ヤボで無粋なだけでしょうから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

入学おめでとう:part2

入学おめでとう:part2

娘の入学式、只今終了。
震災への黙祷から始まった厳粛な式典でした。

式典で、吹奏楽部が『君が代』『校歌』&スキマスイッチの曲の計3曲を演奏したのを聞いて、『娘も吹奏楽やってくれれば良いのに』論が夫婦の間で勃発(^。^;)
部員が息子の後輩だと思うと、つい……
思い入れって、本人が卒業しても強く深く残るものなんだなあ。

ともあれ、入学おめでとう。
桜も7~8分咲きで華やかに咲き誇っており、目にも最高な式典となりました。
3年はあっと言う間に過ぎるけど、勉強にも部活にも全力投球で臨むことを祈る。
そして、色々な意味で自分と、自分の進路を見極めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

入学おめでとう:part1

入学おめでとう:part1

息子の入学式、無事に終わりました。
入学おめでとう。
しっかり学び、たっぷり遊び、沢山友達を作り、有意義な4年間を過ごしてくれる事を祈る。
しかし、あの子が法学部って、なんか笑える(^。^;)
すんごく笑える(爆)
超笑える。<失礼やろ!!

結局、大学生にもなる子に保護者が付き添うのもどうよ?  と判断し、式典には夫婦共に欠席。
終了予定時刻に会場であるセンチュリーホールにて私のみ息子と待ち合わせ、スーツ姿をデジカメに収めた後、ランチ&ティータイムデートと洒落込んできました(笑)
が、良く見りゃネクタイ付スーツっすよ、スーツ!!(爆)
スーツ姿萌としては、例え相手が息子でも、こたえられんデートでした(-^〇^-)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

ハイエナ一家

子供達の合格を祝して、家族で食事会開催。(オマケで、私の就業先決定祝いも兼用)
久々に、にく・肉・ニク・29〜〜〜〜〜!!<落ち着けっ

家族の節目イベントでよく利用する焼き肉屋さんを愛用する理由は、雰囲気も接客も素晴らしくて居心地が良いのもさることながら、何よりも良質の肉を提供してくれる上に、更にそれをテーブル付属のロースターではなく、わざわざテーブルまで運んでくれる備長炭使用の七輪で焼かせてくれるって所(#^.^#)
そして、運ばれてくる肉を次々とかっくらう蒼麻乃家一同。
その姿はまるでハイエナ(爆)
ちなみに、七輪の網を変えて貰う事、実に5回(^^ゞ
3回目頃からは、追加注文で店員さんを呼ぶと、その手には銀色に輝く網が握られている始末。
それに気付いた時、既にこの家族が要注意扱い決定だと悟った(O.O;)(o。o;)

肉にプラス、大盛りサラダ・稲庭うどん・お茶漬け・デザートまでお腹に詰め込み、ついでに大人は程よくアルコールも摂取した所で、食事会はお開き。
ふう〜〜 満腹(^^)V
マッコリも美味しかったし、エネルギーも蓄えたし♪
さあ、明日からはいよいよ入学式2連発&私の就業スタート。
目白押しな体力消耗イベントを乗り切るぞ\(^^@)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

就職祝

就職祝

娘から就業祝を貰ってしまった(笑)
合格祝、あげてないのに(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぶらり白壁

ぶらり白壁

ぶらり白壁

半年ぶりに会う友人あっつんと、花見と称したランチ&お散歩を決行。
栄・オアシス21でランチ後、高岳経由で白壁までぶらぶら歩いてみた。
あの界隈には『文化のみち』と称された区域があり、撞木館(旧井元為三郎邸)や二葉館(旧川上貞奴邸)の他、豊田佐助や春田鉄次郎などの旧邸が軒を並べ、趣ある街並みが保存されている。
豪華ながらも日本人らしい細部まで行き届いたこだわりのデザイン建築を暫し堪能。
ほえ〜(=゜-゜)(=。_。)
生憎、周辺の染井吉野はまだ2分から3分咲き程度だったが、避寒桜と思しきものは華やかに咲き誇っており、目を和ませてくれた。
名古屋市内でも有数の高級住宅街な白壁界隈だが、公共交通機関での移動には意外と手こずる地域。
なのに、気を惹かれるお店は異様に多く、結局誘惑されるがまま和風モダンなカフェにてティータイムと洒落込んだ。
無論、ランチ〜お散歩〜ティータイムまで、マシンガントークが続いていた事は言うまでもない(笑)
ちなみに、モダンでオシャレなカフェのデザートは、その雰囲気にそぐわない大盛様式で、爆笑を誘ってくれた(^w^)

今回のランチ&お散歩は、長らく引きこもり生活を営んでいた私にとって就業前のリハビリも兼ねていたが、長距離を歩いた割に意外と疲労度は少なめ。
春のパワーは偉大だ(-^〇^-)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

吹奏楽コンサート鑑賞『瀬戸西高校吹奏楽部・第二回定期演奏会』

日時:2011/3/27(日) 
開演:16:00
場所:瀬戸蔵・つばきホール

Hi3h0011
Hi3h0012

昨年、初めての定期演奏会開催に携わった息子と親馬鹿母な蒼麻乃にとっては、第二回定期公演開催に漕ぎ着けてくれたのは感慨深くて、何より嬉しい。
今年も、入場料は無料。
去年同様、会場手配・資金調達・楽器借り・方々への頭下げ・プログラム決定・舞台構成・脚本などなどを顧問と生徒が一丸となってゼロから築き上げた貴重な公演。
更に今回は東北の震災後とあって、ロビーでは募金を呼び掛ける声が元気に響き渡っていた。
微笑ましくて頼もしくて、そして何故だか涙がジワリ(^^ゞ
高校生は高校生なりに現実と向き合い、自分達の出来る事をそれぞれ考え、智恵を出し合いながら、行動に移している。
誰だよ、今時の学生は云々と否定的な事を抜かす阿呆な輩は(`_´)

さて、そんな第二回公演のプログラムは下記の通り。

まずは、震災被災地及び被災者への黙祷。

♪第I部 Classical Stage♪

●南風のマーチ:
平成23年度の全日本吹奏楽コンクール課題曲
作曲:渡口公康(わたぐち とものり)

●バレエ組曲『青銅の騎士』より
コンクール自由曲
プーシキンの長編叙情詩『青銅の騎士』を原作に作られた全4幕13曲からなるバレエ音楽。
編曲:石津谷治法(いしづや はるのり)
今回は、震災で甚大なる被害を被った被災地の復興を願い、急遽プログラムを変更して組曲の最後に登場する -偉大な都市への賛歌- を演奏。

♪第II部 Original Stage -世代別ステージ-♪

●会いたかった(AKB48)
●川の流れのように(美空ひばり)
●学園天国(小泉今日子)
●キャンディーズメドレー(キャンディーズ)
●ドラえもん
●A・RA・SHI(嵐)

第II部はタイムトラベルと銘打った舞台構成で、博士と助手のコントを中心に、キャラクターや女装に扮した男子を含めたダンス、スケバン3人組のボケ&ツッコミなどを加えての舞台進行で、笑いあり笑いあり笑いありの構成。(#^.^#)
ちなみに息子が持っていった宇宙戦艦ヤマトのSD音入りCD『宇宙戦艦ヤマト・サウンドファンタジア』は、ここで使用されていた。
使われていたのは、波動エンジン音。
各年代へ移動する際の移動音として使用されていたが、なるほど名案(笑)
あれは、多分『さらば』の最後で掛かる『大いなる愛』の直前(つまり、古代君特攻シーン)の発進エンジン音だと思うのだけど、違うかな〜〜(^^ゞ

♪第III部 Pops Stage♪

●スーパーマリオブラザーズ
恐らく、知らない人はいないだろう有名すぎるゲーム音楽のメドレー。
「世界一売れたゲーム」としてギネスブックにも認定されているらしい(-_^;)

●久石譲 作品集 −2
 1.五月の村(となりのトトロ)
 2.さんぽ(となりのトトロ)
 3.あの日の川(千と千尋の神隠し)
 4.旅立ち(魔女の宅急便)

●オブラディ・オブラダ
ビートルズの名曲。
昨年6月、ナゴヤドームで行われた愛知県吹奏楽連盟創立50周年記念演奏会で、東尾張地区として参加した瀬戸西高校吹奏楽部が演奏した曲でもある。
エンディング曲と言うことで、裏方なOB全員も演奏に参加。
息子は、ドームでの演奏時と同様に、グロッケンを担当。
ただし、今回は制服ではなくスーツ3点セット。
なんだか息子が急に大人びて見えた。中身は変わらんが(爆)

♪アンコール♪

●マーチ『春風』

顧問の先生のスピーチに感動。
『南風のマーチ』からはじまり『春風のマーチ』で終わる今回の定期演奏会。
新たな世界へ旅立つ卒業生、これから部を支えていく在校生、そして震災被災地へのエールが強く込められていたと思えた。

また、吹奏楽部・部長の挨拶は涙声で、聞いてるこちら側も感無量(;>_<;)

今年は私自身の事情もあって酷く落ち込んでいた所為もあり、このコンサートには本当に元気付けられた。
元気と感動を頂いた感謝の気持ちを是非表したくて、スタンディングオーベーションに挑みたかったのだが、今年は旦那・母共に不参加で膝の上の荷物を放り出す先が無い!!(爆)
そんな訳で、今年は「ブラボー!!」と大声で叫んできたものの、昨年のスタンディングオーベーションはともかく、それよりはるかに軽い筈の「ブラボー」にも賛同者がなく、結局私独りが目立ちまくり。
あはははは〜〜〜〜〜(O.O;)(o。o;)

偶然だが、私の席の左隣には現役瀬戸西高校の教員が座っており、そのまた左隣には校長先生が着席。
聞くともなしに聞いていると、左隣の先生が校長に熱く語る言葉が耳に流れ込んできた。
確か、1部と2部との間の休憩時間中だったと思う。

「今、客席案内と舞台でセッティングをしてるスーツ姿の学生は、3/1に卒業したばかりの生徒達です。顧問のO先生が一昨年就任した後、彼等にコンクール出場以外の目標を与えました。それがこの定期公演です。彼等は昨年、全くのゼロから定期演奏会を企画立案し成功に導いた生徒達です。その彼等が、今日は制服ではなくスーツ姿で裏方ですよ。そういう風に導いたO先生と、その先生に付いて行きながら自分達で色々考え行動に移して目標を達成した彼等は非常に頼もしく、素晴らしいと思います。あの子達が未来を背負っていくんです。」

涙が溢れました。
こういう先生がいらっしゃるなら、まだまだ日本の教育も捨てたもんじゃないですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »