« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

欠勤1日で済ますには

夢や希望を持っても転落し始めたら止まらない。
むしろ絶望感が大きくなって、自分の無力さを思い知らされるだけ。
なら、夢も希望も持たず、何事にも鈍感になって生きるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウン

完全にやられた。
明日パニックになるだろうが、知ったこっちゃないなと思うレベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

not title

☆モチベーションは相手にするものによって、比重を変えれば良い。


☆正社員になるとか考えてないの?


☆他人を変えるより自分を変える方が楽。相手と同じ姿勢で責任放棄しても、誰もあんたを責められない。

今週、別人にそれぞれ言われた言葉。
御説ごもっともm(_ _)m
だけど、それでも限度がある。

正社員になれるなら、とっくになってる。
ことごとく駄目だったから、派遣になるしかなかった。
モチベーションもとうに下がっている。
他人を変えるのが徒労なのが身に染みてるから、考えないようにしてる。


それ云々以前に、既に自分自身が何をしているのか、何をしなければならないのかが見えなくなってる。

そうは言っても、きっと私は明日も生きているんだろうな。
帰りに事故か事件に巻き込まれない限りは……


胃が痛いを通り越して、焼け付くようなのが、とりあえず辛いなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本当に信じてる?

絶対にテロは起きない。
絶対に砲弾はこちらには落ちない。

本気で信じてるなら、もうこの国は終わってる。

例えば、朝のニュースを見たら自分の会社の社長が頭を下げてるのを目の当たりにして、そこで初めて自社の倒産を知った証券や銀行の社員のような事が、国自体で起こらないとは、今の日本では無いとは言い切れないのではないかな(^。^;)

昨日は奇しくも三島の命日でした。
私は英雄的死には全く興味はありませんが、彼の指摘を今更でも良いから重要視と言うか、何を考えてああに至った訳を考える気のある人はいないのかな?
殆ど聞き取れなかったとする当時のマスコミ、自衛官とは裏腹に、聞く気のある者には明瞭に聞き取れたと仰っている方がおり、その方は三島の演説を原稿にしたためて貸金庫に預けているそうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

三男じゃないの?

連携、情報収集は常套句だけど、砲弾が角度を変えてこちらに飛んで来るとは考えないのが、如何にも日本の政治屋。

駄々っ子北朝鮮は、性能はどうであれ、日本を飛び越えて太平洋にポチャンさせる位の飛距離は出るミサイルを持っている。
闇雲に砲撃されれば、日本の一部地域を壊滅させる事も不可能じゃない。
先に打って出る事は出来なくても、迎撃臨戦態勢くらい取れないのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

感想はまた改めて

映画については、改めて報告するとして……


桜田十八烈士、関与を疑われて死罪になった或いは処罰を受けた人、主君を守れなかったして罪を問われ死罪になった彦根藩士、その家族、そして官軍、徳川軍双方の数多の命を落とした志士の目に、現在の日本はどう映るのだろう?

史実の登場人物や事件に対して、善悪はつけられないと私は思っている。

だが、幕末の動乱期に命を散らした人達は、決してこんな未来を夢見ていた筈じゃないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

体内時計

目覚まし掛け忘れたのに、たった5分の寝坊で済んだのは、体内時計のおかげか!?
遅刻しないで済んだのは良いけど、今の会社での状況を思うとムカく(;`皿´)

朝っぱらからリストの超絶技巧『マゼッパ』なんて聴いてるから、余計に苛立つのかな(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

完膚無きまでに論破された

入試を終わらせた息子と雑談中に、ふと思い付いて

「何故高校の授業では、日本史じゃなくて世界史を選んだの?」

と聞いてみた。
戦艦好きだからかなと、半ば本気で思ってからかい半分で聞いた質問。
だって、バルト三国って言うと「バルチック艦隊」って単語がスラスラと出てくるような息子なんだもん。
だけど、彼の答えは酷く真っ当なものだった。

「法科を目指す上で必要だと判断したから」

恥ずかしながら蒼麻乃、この答えだけでは意味がわらかず、何故法律と世界史が絡むのかも質問してみた。
で、帰ってきた回答が

「日本の法律は、所詮欧米諸国のモノを真似ただけのもの。だったら、日本の歴史より、世界の歴史と政治を学んだ方が役立つ」

私が18歳の頃、こんなハッキリと自分の目指す夢について明確な答えを言う事が出来ただろうか?
いや、全く何も考えていなかった。

知らない間に、子供は大人になっていく。
嬉しいような、寂しいような……

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ピノ大量摂取

ピノ大量摂取
とりあえず受験が終わった息子のささやかな打ち上げにお付き合い(笑)

打ち上げと言うより、願望達成かな(^。^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息子への応援歌

本日、推薦入試。
受験番号と氏名と解答欄の書き間違えをしないよう、落ち着いて頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

執念(^。^;)

どうしても諦めきれない『桜田門外ノ変』。
調べたら、来週友人と待ち合わせしている場所の近くにある映画館で、09:40から上映している事が分かった。
拝み倒したら了承して貰えたので、一緒に鑑賞決定♪
やったね\(^ー^)/
これが最後のチャンス!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

やっと見られる

キリが付いた所で緊急待避。
これから念願の『SP』鑑賞に臨のだ\(^ー^)/

だけど桜田門外ノ変は、ついに見られなかった……ぽい(ρ_;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

ささやかな祈り

評価も成果も賞賛もありがとうもいらない。

ただ、責任感と危機感のある人達と、まともな仕事をしたいだけ。
業務が完全に停滞してる上に、どんどん積み重なっていく状態を回避したいだけ。
誰もそうは思わなくても、自分の中で『終わった』『やりとげた』と思える仕事がしたいだけ。
少なくとも、今の会社ではそれ以上はいらない。
知らぬ顔を決め込んで放置しなければ、それで良い。
フロアで残業してるのは私だけって状態が続いているが、残業時間が規定を超えるのと会社が危なくなるのとどちらが重要なのか?


本日、嘔吐しながら出勤。
しっそ吐血したら労災か。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

考え時か

契約継続、断った方が良いかも。
こんなご時世だけど、何事にも限度がある。
無責任な会社の体制に、いい加減ブチ切れ。
あんまり腹が立ったから、研修レポートに感想じゃなくて苦言書きまくって提出してやったけど、自社の危機が把握出来ない管理職には意味が汲み取れない可能性120%。
多分、右から左で終わる。
いっそ派遣切りしてくれないかと思う位に、バカバカしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

快挙とは裏腹に

はやぶさが、イトカワの微粒子を持ち帰ると言う、世界初の快挙を果たした\(^ー^)/

とは裏腹に仕分人・蓮芳の別シーンでの台詞。

『世界一位な必要があるんですか?』

こんなんだから、この国はいつまでも、政治も含めてなんでもかんでも二流以下なんだよ。

一位でいる必要はなくとも、一位になる努力をしなくて、なんの発展や成果が望めると?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

正直者はバカを見る

昨夜から体調がイマイチだったけど、休むとラインがストップしかねないのと、明日以降ドツボにハマるのが必至だったので無理矢理出勤。
大概、出勤すれば勢いで定時までいけるので今回もと踏んだものの、さすがに今月に入ってからの毎日3時間近い残業に耐えかねた身体に猛抗議され、半休(派遣だから正確には早退)申請した。
にも関わらず、昼休みを告げるチャイムがなっても仕事はエンドレスで続き、結局昼食も食べずに残業……
昼食を終わらせて戻ってくる人が多々いる中、まだ仕事してる私に声を掛けてくる人は、皆無(仲良くしているお弁当組正社員ちゃんは、ズズッと心配してくれていたが)。
で、やっとこさ帰路に漕ぎ着けたんだけど、なんだかやり切れない気分。
正直者はバカを見るの典型例やね(;`皿´)
休むか、ベルサッサしてやれば良かった。
隣のオヤジなんて、棚卸日に平気で有休入れてた位だし。
業務責任って、一体何だろう……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

出たとこ勝負

金曜日の午後から、移管に伴う棚卸しをした所為で、あちこち筋肉痛な上に打ち身も多数。
午前中ラインを稼働させて、午後から棚卸し&引っ越し準備。ハッキリ言ってムチャクチャ。
でもって、一週間にも満たない、しかもベッタリくっついてではなく1日数十分ずつの引継で一体何が出きると!?
出勤したら、ぶっつけ本番状態な業務に振り回されること必至な一週間がいよいよ始まります。
だけど、移管転勤した方は、もっと大変。
だって 棚卸し梱包の際に何がどこに入っているかまで記載してあげられなかったんだもん。
出来るものには現品表を貼ったけど、全体から見れば氷山の一角。
もうどうなっても知ら〜ん。
悪いのは、現場を見ずして机上の空論で移管を決めた経営陣だい(怒)
しかも、準備期間たったの2ヶ月な上に、土日で(;`皿´)

と、気持ちは投げやりだけど、精神的には登校拒否な小学生状態。
お腹痛いよ〜
頭痛いよ〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

助かるわ♪

助かるわ♪
買い物先で一週間分の買い出しをしたら、お醤油1リットル入りを1本貰っちゃた。
ラッキー\(^ー^)/
調味料って消耗品だから助かるのよね。
ただ、持って帰るのが重いけど(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

危機感の相違

そりゃ、海保にとったら、領海侵犯される(た)危機だもん。
当然、その危機の重大性を知らしめる為に、映像を保安官全員に見せようと思っても、少しも不思議じゃない。

一度も実戦経験がなく、憲法の都合で自衛隊が役立たずな我が国では、海上保安庁が領海を守る役目を担うしかない。
そして、この映像を見れば、如何に逼迫した状況の中での危険な任務かが伺い知れる。
実際、船尾に衝突してくるような輩だから、いつ機関銃掃射されてもおかしくない位の身の危険を感じながら任務にあたっていたに違いない。
正に命懸けの任務だったのに、政府がうやむやにしたら、怒りを通り越して失望するに決まっている。
そして、こういう危機が身近だからこそ、映像流出と言う行為に走ったのじゃないのかな。
要するに、霞ヶ関には危機感が全くなく、保身のみで機能してる訳やね。

それならいっそ、尖閣に熨斗つけて中国に渡したら?
自国の領土だから守る義務があるとハッキリ主張できないなら、同じ事、同じ危機は何度でも起きる。
その度に、こんなバカバカしい対処がまかり通るなら、ない領土と同じだし、何より任務にあたる保安官の志気も下がるし。
政府は事件をうやむやにしただけでなく、保安官の誇りも奪った売国奴やね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

海上保安官

そもそも諸悪の根元は、政府が毅然とした対処をしなかった事にあるんじゃないの?

私はこの海上保安官の感覚の方が、日本人として真っ当だと思います。

大体、あの映像のどこが問題?
問題があるとしたら、管区を超えて映像を入手できちゃう管理の杜撰さやろ。

私達には何が起こったのかを知り見る権利があった筈。
この映像を隠す行為は、戦時下の日本を彷彿とさせる。
知らされるべき情報が隠蔽される……
恐ろしい事だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カモ〜ン

沢村一樹似のイケメン睡魔が、おいでおいでと手招きしてる……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

朝の名曲

今朝の通勤BGMは、モーツァルトのピアノ協奏曲21番・第2楽章。
でも、このゆったりした気分も、1時間後には確実に吹っ飛ぶんだよな(;`皿´)
今日も戦闘開始。
エンジン出力上がりませーん!!<by大助

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

姑息な手段

桜田門外ノ変の上映時間が減っている。
ちなみに109は1日一回のみ(ρ_;)

確実に押さえるには、早退するしかないが……(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

さよーならーーー

なんていうか、『元』ってのが微妙。
でも、あれだけヒットさせたのは、紛いなりにもこの人なんだよね。
色々、泥ぬってくれたりもしたけど。

<転落死>宇宙戦艦ヤマト元プロデューサー西崎さんが船から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101107-00000048-mai-soci

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画鑑賞『ナイト&デイ』

ジューン(キャメロン・ディアス)はある日、えたいの知れない男(トム・クルーズ)と思いがけない出会いを果たすが、その男はジューンが夢に見た理想の男 性どころか、重要任務を負ったスパイだった。予想外の裏切りや暗殺者による執拗(しつよう)な攻撃が日増しに強くなる中、ジューンは男に対して疑念を抱き 始める。

ーシネマトゥデイよりー

T0008433

T0008433a

ミッションインと同じような内容かな? と、思っていたのと、個人的にトム・クルーズのファンではないって事から興味を抱いていなかったのだけど、『エクスペンダブルズ』観賞後にまだレイトショーで見られる時間だって事に気付いたので、一応観賞。
だけど、観て正解♪
非日常な日々を送るスパイ稼業な男に平凡な女性が絡む事で、随所にコミカルなシーンが散りばめられているが、それより多いアクションシーンは、かなりの迫力。
大画面で観るトム・クルーズは、トップガンの頃を思えばかなり老けたが、それでもやっぱり良い男(笑)
キャメロン・ディアス演じるジューンの、普通なんだけど好奇心旺盛なヒロインも良い。
基本的に、守られるだけの弱い女性が好きでない蒼麻乃には、ツボなヒロイン像でした。
何度も同じ手で騙されて眠らされるジューンが目覚める度に、背景が変わるのが面白い。
エメラルドグリーンの海が美しい南の孤島だったり、雪原を走る寝台特急の中だったり……
それぞれの美しい場所で、繰り広げられるアクションは迫力満点なんだけど、そこにジューンが絡む事で、一々コメディタッチになる。
動くなと言われても、動く。
起きたら、とりあえず彷徨く。
とにかく、ちっともじっとしていないヒロイン。
真面目なのにどこか笑える展開が、ジェットコースターだと思いました。
個人的に、ザルツブルグの街並みにウットリ……
作中で「いつかはと言っている間は叶わない」と言っていたトム・クルーズの台詞が皮肉だけど、やっぱり『いつか』ザルツブルグに逗留してみたいな。
騙されて眠らされて移動な立場が逆転な、騒動落着後のジューンの行動力に脱帽。
やっぱり、女はこうでなくっちゃ\(^O^)/
スパイになった背景や、作中疑惑を抱いちゃうトム・クルーズ演じるスパイの素顔も丁寧に描かれていて、アクション・コメディ・ラブストーリー全てにおいて楽しめた作品でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画鑑賞『エクスペンダブルズ』

バーニー(シルヴェスター・スタローン)は、傭兵(ようへい)軍団のリーダーとして精鋭たちを束ねている。彼はナイフの達人リー(ジェイソン・ステイサム)や、マーシャルアーツの天才ヤン(ジェット・リー)らと共に危険な任務を遂行してきた。ある日バーニーは、とある依頼人(ブルース・ウィリス)から教会に呼び出され……。

ーシネマトュデイよりー

336448_005

豪華アクションスター競演の迫力のアクションに、コメディも散りばめられた見応え有りな作品。
ちなみに、エクスペンダブルズとは、消耗品って意味。
自分達を消耗品軍団と呼ぶ傭兵なんて、凄いよね。
凄いけど、「さぁ!!」なシーンで、携帯の着信音が鳴って緊張感が破られたり、仕事を終えてシャンパンロゼとルビーを持って帰ってみたら、待ちきれなかった恋人が他の男を家に引き入れてアッサリ失恋だったりと、のっけから笑わせてくれる。
で、この悲劇に遭うのは全て、ジェイソン・ステイサム演じるリーだったりするんだなぁ。
ブラックスーツをビシッと着こなした鉄壁ポーカーフェイスの運び屋稼業なフランク・マーティン(トランスポーター)とは、真逆なキャラ。
だが、アクションは相変わらず切れ味抜群で、ナイフ使いも素晴らしく流麗。
だけど、どこまでも失恋に拘る愛らしさ(^^ゞ ハゲなのに、格好良い(爆)
スタローンの筋肉モリモリの腕は、ひょっとしたらモデルのウエストくらいあるんじゃないかと思える程で、どんだけ鍛えているんだろう? とも思うが、走るシーンでは若干身体の重みを感じた。これが歳を取ったと言う事なのだろうか……
コメディ部分では、立ち去るシュワちゃんを『狙っているのは大統領の椅子』と揶揄ったり、防弾チョッキ着てなきゃただのメタボと、オヤジの自虐ネタなどなどでかなり笑わせて貰えた。
ジェイソン・ステイサムが準主演級な扱いなのには驚いたが、総合的に見て何故かアクションの切れ味に一番目を奪われたのはジェット・リー。
自分と同じ東洋人だからなのか……
体格の良い欧米人に比べると小柄な彼の俊敏なアクションは、格好良かったです(#^.^#)
観賞後はスカっと爽快\(^O^)/
実に豪快に、銃も爆弾もナイフも炸裂してました。
でも、偵察に行った先で派手に41人も殺してくるってのは、どうなんでしょう(^^ゞ
贅沢を言えば、敵将である父親を殺された内通者な娘の悲痛な心理描写を、もうちっと描いて欲しかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

落ちます落ちます

ヤバいなあ、どん底だなあ。ブログ書けてりゃマシかもしれんが(爆)
こういう時は……

寝よ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーカバーカ自分にバーカ

イオン経由で帰宅途中の地下鉄の中で不意に正気に戻った。
通常業務にプラス引き継ぎプラス増えていく新しい仕事。
必死こいて覚えてこなして、あちこち駆けずり回って残業やりまくっても、所詮派遣は一切評価されないんだよね。
営業からも製造からも我が儘言われ放題、どつかれ放題。
それらに耐えながらどんなに頑張っても、鶴の一声であっさり切られ、当然棒茄子も無し。
あー、無性にバカバカしくなってきた。
来週からは、隣の危機感薄いO型オヤジに全部振ってやる。
本日の歩数、15000歩。
これも勿論、評価0。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

勘弁して

四日市と韓国に呪われ、SPのレイトショーにも間に合わず……
なんてこった(-"-;)

まだ中央線だし(ρ_;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ああ、デジャヴ

引き継ぎで、仕事が全く減らない。
つか、デスクの上が修羅場。
7月と重なるなぁ(ノ△T)
出勤して、仕事して、まだまだ残業して、帰宅して、お風呂で溺れそうになって……(爆)
食べて寝てるのかも朧気で、毎日の切れ目がない感じ。

そんなこんなで、再び朝ー
でも今日は週末だ\(^ー^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

フレーフレー

冬コミ結果、出ていたんですねー
当選組の皆様、おめでとうございます。
修羅場、頑張って下さいねo(`▽´)o

冬コミと聞くと、いよいよ年末だな~と、感慨深くなります。
年賀状どうするべ(爆)

今年は、蒼麻乃のイラストレーター兼医療監修な看護師・晶ちゃんは、更なる高い資格取得の為に春まで学生さんに戻っているから一般参加で、イギリス帰りのSちゃんはジャンルで迷っているし(笑)
てな訳で、リアルに応援する相手は大阪のYちゃんだけになります。
腱鞘炎と体調に気を付けて、無事に新刊発行してね。

さて冬コミが来ちゃったって事は、来年の夏コミ参加を真面目に検討しなくちゃいけないな……


あかーん、今は頭が動かへん(┳◇┳)

この冬は、アルフォン少尉本、出るのかな(ρ_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

些細な事だけど

上から下への連絡事項が降りてこない。

先日は新人研修がドタキャン。
会議室に誰も来ないから、所属長に確認を取ったら所属長も把握出来ておらず、所属長から部長へ問い合わせしたものの不在。
最終的に本社の研修担当者を捕まえて訊いた所、本日所用の為、中止。だけど部長には連絡したよとの事。

たかが派遣の新人研修だったからなのか、誰に対してもこうなのかは知らないが、言うべき事を伝達しないって社会人としてどうよ!?

部長が電話でキャンセルの連絡を受けた際にすぐに各所属長に伝達していれば、私達は30分も待ちぼうけを食う必要もなく、それ以前に仕事にも支障が出なかった筈。しかも他人も巻き込んで。

色々愚痴が尽きないのが企業だけど、些細な事ながらこの件は人間性を疑う許すまじき出来事です。
火曜日の呑み会の酒が美味しくなかったのは、こういう輩が同席してたからに違いない。
おまけに平社員が部長をお前呼ばわりのタメ口。
アットホーム以前のダラダラな会社やろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

典型的呑み会パターンコンサート

美酒付き酒蔵コンサートへ行き、娘にストップ掛けられる位に呑み、帰りにラーメン食べて帰宅。
あれ、なんだか趣旨がズレてない?(^。^;)

帰りの足取りが危なかったらしく、娘に心配され、ついでに叱られました(爆)
大丈夫だよ、今まで酒の呑みすぎで途中で意識無くして寝た事は一度もないから!!<威張るな


本日のコンサートは、和楽器バンド『アンサンブル・リベルタ』のものです。
琴と尺八とフルートとパーカッション&シンセサイザー。(本日はベース無しバージョン)
これでリベルタンゴの演奏をするのだから、素晴らしい!!
でもね、このバンドの素晴らしさは演奏だけじゃない。
コンサート終了後は、惜しげもなく楽器に触れさせてくれるのです。
蒼麻乃は、尺八とフルートはまるでダメでしたが、サックスは吹けました(^_^)v
あ、琴で荒城の月も(笑)

なんだ、酒だけでなく、ちゃんと音楽満喫してるやん!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

月初から飛ばしてます

来年5月に四日市工場への移管が決まっている我がグループ。
それに先駆けて、来週末に同グループ内の別部門が移管する。
移管発表があったのは、9月。
当然、蒼麻乃の心の中には
『ああ、また派遣切りか』
と、暗澹たる気持ちが湧き出しました。
ところが、ここへ来て話しが妙な方向へ……
来週移管される際に転勤になるのは、2名。
ところが、移管されるラインは1名分のものでしかなく、つまりあと1名が担当していたラインは何故か置き去りと言う不思議な事態が勃発。
で、その置き去りラインはどうなるのかと言うと、GLの鶴の一声で蒼麻乃が担当する事に(O.O;)(o。o;)
ええっっっーーーー!?
そんな急に言われても、引き継ぎ期間はたったの2週間よ!!
しかも、置き去りラインはやたらめったら都度品の多い、面倒でややこしいライン。
それを、2週間で引き継げってか?
しかも、担当者は転勤で確実に不在になるから、前任者が隣にいる今のように「聞いて良いですか?」が使えない。
同じく、その人が担当していた基板は、勤続20年越えの正社員女史に引き継げとの、これまたGLの鶴の一声。
二人して、言葉の通じない外資系企業へ転勤したような気分を味わいながら、オーバーヒートした頭から煙をモクモクと吹き上げてます。
わたしゃ、最悪12月末で満了だろうなと覚悟していたのに(爆)
とは言え、移管話がある以上、来年3月に再び決断の時が来るのは確か。
いや、今回のようにラインが置き去りっていう状態なら別だけどね。
とにもかくにも、折角残業0状態にまで仕事を整理したのに、業務が増えたおかげで月初から残業飛ばしまくり。
このペースでいくと、また40時間越えしちゃいそうだから、早々に仕事を自分のモノにして、やりくり上手にならなくちゃ。
思えば、執筆期間だけ残業が極小になってくれたのは、何かの采配だったのだろうか……
と、思えてならない。
満了を告げられる前に、兼業でも一向に構わないから自立したいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »