« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

三大天神お礼参り

三大天神お礼参り
無職の期間、自堕落な生活を送っていた為、生活習慣完全破綻(爆)

就職が決まり、初出勤を3/1に控えて、体調管理&生活習慣を整えるべく25日から調整中だが、丁度良い機会なのでポカポカ陽気の中を散歩気分で三大天神にお礼参りに行ってみた。


山田天満宮は相変わらず梅が華やかに咲き誇っていて、お宮全体が明るい。


桜天神社は、こちらも相変わらずヒッソリとしているが、塀のすぐ横を交通量の多い巨大道路が通っているとは思えない程の静けさで、それが逆に神秘的。


そして上野天満宮。
驚いたことに、天満宮なのにあまり梅がない事に気付いた。
それもその筈……
合祀されているのが、木花之開耶姫なのだ。
なるほど、春の盛りの桜の女神様が一緒にいらっしゃるなら、お好きな梅が少なくても道真公は許して下さりそうだ。


さて本日は体調調整最終日。
チリ沖地震の余波で津波警報が出されているが、沿岸部に住む方や船舶関係者の方々が気に掛かる1日になりそうな反面、午後から覚王山にある中国茶専門店にも今のうちに行っておかないと、気に掛かりそう(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

オークラレストランで祝賀会

オークラレストランで祝賀会

就職のお祝いで、テレピア15階にあるホテルオークラレストランに連れて行って貰いました。
さすがオークラレストランだけあって、重厚ながらも落ち着いた雰囲気と、窓からの眺望が素晴らしい。
本日のメニューは中華。
3種類のお料理が乗ったプレート&スープと、お粥か炒飯か麺から1品選べるコースにプラス点心を頂きました。
お味も盛り付けもキラキラ美しい〜
私はお粥をセレクトし、飲み物は青島ビール。はぁ、幸せ♪
更に、誕生日プレゼントとして、FAUCHONの『バースデー』と言う紅茶まで頂いてしまいました。
華やかな香りとマイルドなお味で、昼下がりの読書タイムにピッタリ。
至福の刻です(*^_^*)
新生活が始まると暫く怒涛の日々になるからと、気遣って頂き感謝感激。
が、落ち着くまで呑み歩いてる場合じゃないでしょ!? と、出入り禁止にされたって事よね(^^;
もしかして、拒否られた!?
はうぅ、マイナス思考に陥ると切ない……

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Good job

最近、立て続けに若い人が素晴らしい功績を上げてますね。


☆中央線で線路に落下した女性を、咄嗟の機転で救助した男性。


☆出火したマンション2階にベランダからよじ登って、4歳児を助け出した高校生。


☆そして今回は中学生が女児2名を火災から救出。


こういうニュースを見ると、日本の若者は、強いては日本はまだ大丈夫と思える。
みっともないのは、金・かね・カネな議員やモンスターな大人の方やね。
彼らの勇気と潔さを見習って、政権を担って頂きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

蒼麻乃の歴史がまた1歳

今日で、またひとつ歳を取った。
40歳になる時は、体力的に辛い誕生日だったが、41歳の誕生日は一番辛い時期を乗り越えた後と言う事もあり、身心共にアッサリと言う感じ。
今日を幸せ気分で迎えられた事に感謝。


真央ちゃんの銀。
本人が一番納得がいかなくて悔しいんだろうな。
でも高橋大輔くんを含め、日本勢よく頑張ったと思います。
時期的に高橋くんに一番、元気と勇気を貰いました。
みんなありがとう。
そしてメダル、おめでとう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

豊田さん公聴会に出る

トヨタ自動車って、前社長時代に既に大量リコールがかかる事を見越して、創業家に経営を放り投げたんじゃない?
と、思えちゃう展開だなあ。
100年に一度の金融危機にプラス、大量リコールでの信頼失墜。
世界のトヨタでさえ先が見えない不安な時代に直面して、万が一倒産しても創業家が社長なら誰も何も言えないし、豊田家以外の経営陣が豊田家に恨まれる事もないし……
ある意味、現社長はスケープゴート。
トヨタの天狗鼻がへし折れたのは、ちょこっと気持ち良いけど、東海地方住民としては、トヨタに盛り返して貰わないと、更にお先真っ暗でもある。
諸刃の剣やね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

サクラサク

失業して、1ヶ月とちょっと。
しつこく就活するも、エントリーしてもしても落とされ続けて、不安とふて寝で自力神経失調症?と思えるくらいに身心共にボロボロになりかかっていましたが……
本日、無事に就職先が決まりました(*^∇^*)
面接が昨日で、即決して頂けたのか今日決定。
タイミングと言うか、波に乗ると言うのはこういう事なんでしょうか。
多分、いえ絶対に自力で乗れた訳じゃないと思うし、どこでどう上手く乗ったのかも皆目判らない。
勝因は、皆様の暖かい声援と、自分のしつこさでしょうか(^^;
皆様、ありがとうございましたm(__)m

さあ、これからが本番だ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

読了『アンフェアな月』

秦建日子著、『刑事:雪平夏見シリーズ』第2段。

面白い展開だが、やるせない結末……

錯綜する人間の感情や置かれた状況が複雑に重なり合い、絡み合い、時折どれがどの人物の想いなのか混乱する。
だからこそ、読みきるまで手放せない一冊であり、今回も一息に読み進めてしまった。

犯人は意外な人物でもあり、なるほどと思えるほどの身近な人物でもあるのだが、決してアンフェアではない。
ただ、事件も犯人も『ひとつ』ではない。
個々に起こる事件や人間を襲う悲哀が、ラストに向かって集約されていく。


作中、

『あなたは怖くないのですか?もうふたりも殺しているというのに』

と、マスコミ(に扮したテレビ番組制作会社プロデューサー)に問われた雪平は、こう答える。

『怖いですよ。でも、それは、たぶん、あなたが想像しているような怖さとは違うと思います』


雪平が抱く怖さとは、一体……
職務として2人を射殺した女の抱く想いや、崩落しかけた(既にしているが)私生活が、彼女の魅力と捜査力に貢献している事は、間違いないだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

三大天神社巡り:山田天満宮

三大天神社巡り:山田天満宮
三大天神社巡り:山田天満宮
三大天神社巡り:山田天満宮
名古屋三天神巡り、最後は山田天満宮。
大曽根から徒歩ちょこっとだが、普段電車の中から見下ろすだけだったので、感覚だけでフラフラ探して辿り着いた(^^;

節分の上野は早すぎて、街中の桜は敷地の狭さと多分ネーミングもあって、双方共に梅は見られなかったが、山田天満宮は今が盛りとばかりに梅が咲き誇り、快晴の青空に映えて美しい。
冷たい風はまだ厳しい冬だが、香しい薫りはまさしく春。
紅梅は8分咲き、白梅は日当たりにもよるが、5〜7分咲きといった所で、まだまだ見頃は続きそう。
就職のお礼参りには、まだ咲いていて欲しいものである。
こちらで引いたおみくじは、文句無しの大吉で、全てに『由』。
これは就職が決まるまでのお守りとして持ち帰ってきた。
お礼参りの際に、お返ししてきます。

山田天満宮の中には、金神社が合祀されているので、こちらで銭洗いも体験(*^∇^*)
が、洗った小銭はイオンでミカンを買った時に出て行っちゃった(爆)

上野と山田のおみくじに入っていた、小槌と招き猫も洗っておいて良かった(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

ささやかだけど大きな一言

通院帰りの調剤薬局でお会計を済ませた直後、薬剤師さんに突如


『もうすぐお誕生日ですね、おめでとうございます』


と、言われた。
多分、保険証を確認した際に気付いたのだろうが、機転を利かせてニコやかに放たれたこの一言がとても嬉しかった。
ささやかな事だけど、ささやかだからこそ、人の温もりを感じる言葉だと思える。

ま、肝心の私が誕生日を失念してたから、余計に感動しちゃったんだけど(苦笑)

人間は、やっぱり一人で生きてる訳じゃないんだね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

桜天神社

たまたま近くまで行ったので、桜天神社へ寄り道。
大都会のビルの狭間にある小さな天神様だが、名古屋三天神のひとつで歴史もある。
ちなみに先日、豆まきに参加した上野天満宮も名古屋三天神のひとつ。

さて、件の桜天神社は今やビジネス街の一角だが、江戸時代には本町通と呼ばれた、名古屋城と熱田神宮を結ぶ一大繁華街だったらしい。
天神様も当時は隆盛を極めたようだが、今は刻の狭間に閉じ込められたかのように、ひっそりとしていた。
ここ、実は退職前の週末の帰りの通勤路だったのがミソ(^^;
気になってはいたのだが、帰りの時刻では門が閉ざされていて参拝出来なかったのだ。
ご縁があって良かった(*^_^*)
おみくじは大吉だったが、内容は厳しい現実を見事に言い当てていたので、敢えて持ち帰らず境内に結んで帰還。
折角なので、山田天満宮(三天神)にも行っておこうかな。
こちらは上野天満宮と同じく、御近所だし。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

リアルに登場

夢に、5年半前に亡くなった同僚が、とてもリアルに登場してくれた。
私が抱いている不安を口にすると、軽く笑い飛ばして、

大丈夫、大丈夫

と、私の肩を叩きながらの笑顔。
そか……
経験者が言うんだから、きっと大丈夫やね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

マスコミってさあ

服装問題で散々バッシングしたかと思えば、決勝後は難病の先輩との美談エピソードを一斉に報じる。

自分達の過剰報道が国母選手を動揺させてメダルを逃させたと、責任感じて後悔でもしたのか?

やってる事が一々しらじらしい……
その場凌ぎで番組造るの、やめたら良いのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

てへ、貰っちゃった

てへ、貰っちゃった
てへ、貰っちゃった
手作り逆チョコ、頂きました(*^∇^*)
真意は……うーん(悩)
素直に喜んでおきます。

ちなみに、私からはロイズ。つまり、既製品(爆)
ダメダメぢゃん〈ぢぶん(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

本復

酷い風邪で、4日間一歩も外に出ないまま社会から隔絶された日々を過ごしました。
オリンピックにバレンタイン……
全く関係ないって感じ。
興味もなし。
それより雇用問題(怒)
民主は発言ぶれまくりだけど、こいつら自分の立場(肩書き)や収入の事しか頭にないんじゃないの?
税収が減ればあんたらの収入も減る……前に減らないストックがあるから庶民感覚分かんないだろうな。
議員=豊富な資金なこの赤字国家。
選挙資金が潤滑な議員には、結局国民の欲しているものが理解出来ないのだろう。
恐ろしく無知で鈍感で無神経……
こんな奴等に国の行く末が委ねられてるとは。
子供手当をばらまいても、将来的な出産増加には繋がらない。

安定した雇用。
安心して働き暮らせる社会。
それが結婚→出産に結びつくんじゃねーのか!?
単なる選挙対策だろう、これは。

高度成長期に頑張ってこの国を発展させてきた現高齢者への敬意もない。
この国は、国としてよりもはや人間として終わってるよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

人使い荒すぎ

派遣大手R社に泣き付かれ、2/8〜の3日間だけ地下鉄国際センター駅近くの大手財閥系生保会社へ出稼ぎに行ってきました。
ま、時給\1200×h6はプーな現状にはかなり誘惑度が高いのと、情けは人の為成らずを期待しての事なんだけど(^^;
つか派遣会社よ、普段はこんな単発は受けないなんて豪語するなら、長期紹介しろや(怒)

さて、件の生保は人使いの荒さが半端なかった(-_-;
職種は、20種類近い新規資料の7000部セット作成及び発送業務。
単調な事務仕事の正体は殆どが力仕事……

紙は重いからね〜
無理な姿勢も加わったおかげで筋肉痛です(涙)

保険のシステムが変わった為、新システム用資料を至急取扱店へ発送し、更に勉強会も設定しなきゃいけないからと、急遽派遣の手を借りる事にしたらしいけど、大手らしい段取りの悪さに唖然……
まず、資料の刷り上がりが遅すぎ。
資料のセッティングの段取りが全く考えられていない。
そもそも、保険システムの変更なんて随分前から把握してる筈なのに、この土壇場作業は何!?
結局、200箱&100袋近い梱包物の中身と数量を4度もチェックする羽目に(溜息)
勿論、箱(袋)詰め&梱包も済ませなければならない。
ただ、派遣とは言え外部の人間=お客と言う感覚は持っているらしく、非常に紳士的な人が多かった。
暫くこんな穏やか人物は見たことがなかったな〜
今まで月次前後はプチ切れする位に忙しかったし、振り回されたからさ(爆)
まあある意味穏やか、ある意味大手老舗の看板に胡座をかいた危機感薄い連中……なのか?

エアコンなんて汗ばむ程にガンガンかけまくりだし(苦笑)
が、さすがに財閥系生保だけの事はあって、福利厚生が凄い!!
社員食堂にはお弁当もお菓子も豊富に準備されていた。(ただし有料ね)
電話も少なく、殺気もないが、観察してると女子社員が多い分、派閥争いが怖そう(^^;

仕事が大変か、人間関係が大変か、選ぶなら仕事が大変な方が断然良いなと思った3日間だった。

とにもかくにもそれは良いから、とにかく長期な仕事カモン!!
ただ、一緒に仕事したR社の関西人バリバリな派遣ちゃんに、とあるテクニックを教わったので、早速活用してみたら求人紹介に少し変化があったのには驚いた。
やはり人間関係は素晴らしい。
またひとつ知識が増えた(*^_^*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

部活:激励してもらっちゃった

部活:激励してもらっちゃった
部活:激励してもらっちゃった
2日に『やるよ』メールが来て、4日に部活。
この即行動型が、名古屋の醍醐味なのかな?(笑)
ともあれ、アクセス講習4時間受講後に、まずkiichiさんと本屋で合流。
2人で臨んだ一次会会場は、串かつ屋さん。
と言っても、若い女の子受けするようなお店ではなく、むしろ真逆なサラリーマンの聖地的なお店。
厨房含めても10畳程の店内はタバコの煙がもうもうと立ち込め、飲み食いしてるのはスーツ姿の一定年齢以上のサラリーマンだけ。
さすがに女性客はいない。つか入れないな、あれは。
私とカップルの片割れだけだったかな、女は。
まるで、テレビの刑事ドラマに出てくるような赤提灯なお店に入ってみたら、頭の中はネタメモ書きモード全開(笑)
接客はぶっきらぼうな、おねにーさん(^^;
おでんを頼んだら美川憲一ばりの不機嫌モードで対応されてびびったが、帰りはお姉言葉で可愛いかった(^^;
貴重な体験だったな〜
それに楽しくて、何より美味しい上に安い!!
が、今回は失業しちゃった私の激励会を兼ねているからとご馳走になりました。
ありがとうございますm(__)m

さて、件の串かつ屋『のんき屋』さんは昨日は早じまいなのか、残業なlatinさんは遂に間に合わず……
とりあえず一旦名駅裏のカフェで小休止し、3人揃った所で2次会へ。
2件目は、立ち飲み屋『角打』。
こちらも、正にテレビか映画の世界でしか知らない世界。
BGMは昭和歌謡曲。
しかも演歌でなく、メンバーの青春リアルタイムな選曲が憎い。
ツイスト、水谷豊、ショーグン、桑名財閥、アンルイス、ジャングル(太陽にほえろの後番組)などなどのネタで、お店のお兄ちゃんと他のお客さんも巻き込んで会話が盛り上がり、気付けば終電間際。
立ち飲み屋と言う、貴重なネタがまたひとつ……
本当に立って呑むんだ(爆)

またまたお二人にご馳走になってしまいましたm(__)m
お心遣い、ありがとうございます。
出世払い、期待してて下さい(^^;
串「カツ」食べたし\(^O^)/

結局、東山線最終列車にしか間に合わず、3人共に自宅最寄駅までの帰還は不可能に。

タクシー帰宅後は、頂いた中京スポーツを拝読。
確かにこれは堂々と買って読めない新聞やわ〜(^^;
しかし興味深い(爆)

で、肝心の部活は、kiichiさんと私の間で『推理小説』と3本のDVDが取引されました。

次回部活はなんとしても、就職祝いで!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

豆まきin上野天満宮

豆まき
豆まき
自宅から徒歩10分程の所にある天満宮での節分会に参加。
戦利品は、派手にまかれた福豆5個(袋?)
ちなみに、おみくじは中吉。
書いてある事に再びどん底気分……
ただ、なんだか恋愛だけは良さげらしい(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

なんで遅刻するかな

新規に登録した派遣会社のマナー研修に参加してきた。
ちなみに受講は登録者必須。
完全予約制で、参加人数は8名…… なのだが、やはりと言うか、当たり前のように、遅刻者登場。
8名中2名が『迷った』を理由に遅刻してきた訳だが、どうしてこの手の事に遅刻するのか、平然と遅刻出来るのか、非常に理解に苦しむ。
初めて行く場所なら迷う可能性も含めて、時間配分出来ないのか?

しかも研修先は、早く着きすぎても時間を潰すには全く困らない、名駅タワーズ内42階。

彼等の真剣味を疑う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了『推理小説』

秦建日子著。
篠原涼子主演でドラマ化及び映画化された『アンフェア』の原作。

原作と言うより、原案と言った方が良さげ。
と言うのも、ドラマと小説の一致点はキャラだけだから。

ヒロイン、雪平夏見。
バツイチ、子持ち、大酒呑み。警視庁捜査1課No.1な検挙率を誇る、無駄に美人な刑事。

相棒、安藤一之。
テレビのような裏の顔は無しな、普通の青年。雪平夏見のお守り役。


この二人の関係は、相棒やパートナーと言うより、むしろ女王様と下僕(^^;


どこまでがストーリーで、どこまでが作中作なのかが判らなくなる事と、意表を付く展開で時々混乱したものの、ワクワクドキドキ感を失う事なく読了。

本は、ページを右に捲れば当然左半分が少なくなってくる訳だが、早く結末を知りたい気持ちと、読み終えるのが勿体無くて残念な気持ちが相反する不思議な感覚を久々に覚えた作品だった。
ある意味アンフェアな結末なのかもしれないが、納得できる読後感。
シリーズ化されているので、暫く楽しめそう(*^_^*)

ちなみにドラマも映画も面白かったと思うが、違った作品としても原案としても、この作品はお勧め。
無駄に美人な女が、鼾はかくは、鼻糞ほじるは……
雪平夏見の魅力は、やはり原作ならではのものだと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »