« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

読了『警察庁から来た男』

『笑う警官』に続く、佐々木譲作『道警シリーズ』第2段。

前作同様、地道な捜査を全面に押し出しながら、巧みに推し進められていくストーリー展開に、ページを捲る手が止まらない。


主人公の佐伯警部補は、閑職に追いやられながらも、ただ真の警官であろうとしながら事件の真相に迫っていく。
監察と薄野での転落事故、そしてホテルで起きた部屋荒らし。
別々に起きた全く関係なさそうな事件が、読み進めるうちにひとつに繋がっていく展開は、地道な捜査描写とは裏腹にスピード感タップリで興奮する。

が、小島百合巡査との関係を描いた数行から、男としての佐伯の不器用さと鈍感さが伝わり、苦笑を覚えた。


監察に入る警察庁キャリアの藤川警視正の潔癖キャラが、いっそ胸がすく思いになるのが不思議。
それだけ道警の闇が深く、一般市民視点で見ると異様なのだろう。

いわゆるキャリアらしいキャリアで、所々『えーっ!!な人種』に見える藤川だが、ラストに光る。


どうにも、あの大失敗な映画『笑う警官』で佐伯を演じた大森南朋さんを思い浮かべながら読んでしまうのだが、警官に見えない軟派な雰囲気ってどういうものだろう?
『ハゲタカ』のイメージが強すぎて、大森さんが軟派に見えないのよね(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

TV観賞『ハッピーフライト』

シリアスなのに笑える時任さんが好き(^^;

『スウィングガール』もそうだけど、矢口史靖監督は笑いと涙の緩急の付け方が巧いなぁ。
あっという間に、世界に引き込まれた。
ANA好きな私としては、迫力の飛行機映像を映画館のスクリーンで見たかった作品。

余談:風邪で早退した指導教官な機長役の小日向文世さん、『沈まぬ太陽』の123便機長役もやってたなぁ……

そういえば、テレビドラマな『GOOD  LUCK』もANA使用で、シリアスな堤さんにキャーキャー言ってた記憶が(^^;
私の好みって、分りやすいかも(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月29日 (金)

ちんぷんかんぷん

リクルート主催の、登録スタッフなら10時間までOKな無料OA研修に参加してみた。
ちなみに、アクセスを身に付けようかと……
使いこなせたら便利なのはよ〜く判ったけど、どえりゃあ難しいがね!!
が、操作は楽しく2時間があっという間に終了。
こんなんじゃ、10時間なんてすぐ使い切っちゃう(-_-;
いや、10時間経つ前に仕事見つからないと、マヂにホームレスだよ(涙)
現在11連敗中(死)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

完徹明け

久々にやらかしちゃいました(^^;
しかもタクシー帰還じゃなくて、始発帰還(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

プロ技拝見

突如、携帯が太陽にほえろ(会社関係者用着信メロディなのだ)を演奏しだして、ビックリ仰天しながら出てみたら、昨日までいた職場のデザイン内装担当者Kさんが

『今から行って良い?』

と、一言。

実は蒼麻乃、自宅の洗面所の照明廻りを破壊したまま放置中だったりする(爆)
それを話したら、Kさんは快く修理を了承して下さったのだが、忙しくて一年経過。

そんな中、私が派遣切りに合い、昨夜退職。
この状況に慌てたKさんが、なんとか時間をやりくりして、今日職人さんと来訪してくれたと言う訳。

内装関連の会社の内務をしながらも、その技術を拝見するのは初めてな蒼麻乃の前で、みるみる復元されていく照明と周辺と破れた壁紙。
破壊された石膏ボードはすっかり隠れ、ぐらついていた照明を支える金具も壁に固定され、丁寧に撫で付けられて裂け目が判別出来ない位の壁紙……
使った材料は、電動ドライバーとボンドとパテのみ。
あとはティッシュと指。

正に、熟練の技ここにあり!!

な、見事な手際が、なんと無償(^^;
実際にこの仕事頼んだら、数枚飛んでいくだろうに……
ちなみに、2回目からは有償ねと釘を刺されましたが(笑)


最後に、

就職先が決まったら絶対連絡してよ。でも、僕らも蒼麻乃さんを呼び戻せるように頑張る。

と言い残して、Kさんは帰っていきました。
昨日、17:40に外にいる部長から
『ワシらが帰るまで、いなくなるなー』
と電話を貰った20分後には事務所には全社員が揃っていた。
終業時間に全員帰社しているなんて事がなかっただけに、退職を惜しまれ、そしてこれまで充分に可愛いがられてたんだと実感出来た。

それだけに今日はヘタッていたのだが、まだこうやって縁が繋がっていて可愛いがられている。

ダラダラ寝てる場合じゃないやと思い、彼等が使った掃除機で勢いよく掃除。
そして、とっておきの紅茶で一息。
さて、洗濯始めようかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

Tターン

先ほど、敵前回頭致しました。
会社出て、見送りがなくなったのを見届けたあと途方に暮れようとしたら、迷子なおばさん2人に遭遇。
結局、駅まで案内しながらの帰宅です(爆)

最後の最後まで、外面だけ笑顔で振る舞う羽目になったな〜
面接ひとつ決める事も、ヒステリーに泣き叫ぶ事も出来ないまま失業とは……
明日から、どうすんべ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

カネ・金・かね

民主議員から小沢批判が出ない事にも呆れちゃうけど、自民が批判しても、これまでに散々やらかしてくれてるから、説得力がない……

国民を馬鹿にしまくってる奴等が国政を執っていて、何故暴動が起こらないのかな、この国は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

帰還

現実逃避したものの、途中下車出来ないまま、ちゃんと帰ってきました(^^;

あれ、日本語おかしいような……

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

究極の送別会

究極の送別会
究極の送別会
究極の送別会
昨夜の送別会は、なぜか最高戦略会議メンバーな筈の支社長も同席。
げげっと思いながらも、どーせ最後だからとばかりに普段より10割増しの毒舌で支社長と会話……してたら、あれれ何か互いに受けまくり(爆)
ちなみに支社長曰く『俺は最高戦略会議メンバーじゃなくて、ただのオブザーバー』発言後、出席者に対して『みんな蒼麻乃を応援する為に仕事の傍ら人員募集情報を集めてこい』命令発令(^^;

以降、えらく盛り上がり3次会にまで突入(爆)

お開きは深夜02:00、帰宅は02:30、就寝は03:00となり、今日は全員死んでました。
支社長は大阪にも東京にも帰れずホテルも満杯で、結局うちの課長と仲良く手を繋いで車中泊したとか……
よく職質されなかったな〜
いや、さすがの警官も逃げ出すか( ̄ー ̄)

そして今、蒼麻乃は近鉄特急で難波を目指してます。
2時間前に確定した、現実逃避型送別会に参加する為です!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

狭い世界

昨日の帰宅時、地下鉄内で前(々)職場の内部監査くんとバッタリ再会。
あらまあ、凄い偶然!?
丁度良いので、派遣切りに遭った事をご報告。
必然の再会なら、この為のものだったのかも。
とりあえず次の呑み会の約束をして別れたが、それが就職祝いになってくれれば良いな。
にしても、地下鉄内での遭遇率が本当に高い(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

JAL

どんなに優秀な辣腕家をCEOに迎えても、根底と概念が腐りきっているんだから改善は無理無理。

国営気取りな殿様商売のツケを、きっちり払う事やね( ̄ー ̄)

ナショナルフラッグキャリアがJALであり続ける理由はない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

真っ白

雪です。真っ白です。ってゆーか、吹雪!!

これから出勤なのに、徒歩コースが恐怖……

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

読了『湯沢物語』

読書部・秋田支部の秋田あいさん著の(正確には、安倍彩矢著)、『湯沢物語』読了です。
体調不良で欠勤しておきながら、飲酒といぶりがっこで読書。
少しでも秋田の雰囲気に近付きたくて…… なぁんて取り繕いつつ、贅沢な欠勤だなぁ(^^ゞ
つか、飲酒してて良いのかよ<ぢぶん

あいさんのブログに通っていらっしゃる方には今更あらすじを語るまでもないが、知らない方へ……

ラブロマンスファンタジーノベル

と言う感じでしょうか。
うーちゃんや、にょんは可愛く、
れんは怖くて色っぽく、
イースは三枚目的二枚目魔法使い。
妖精王ルキーニ様は、正に良いところだけをかっさらっていくキャラ。
主人公アジュこと秋田あいちゃんは、不思議にも自分にシンクロしてしまう存在。

読んでいるうちに、現実と桃源郷水源の境目が判らなくなるような、そして秋田あいさんが本当に魔女なんじゃないかと思えてきて、不思議な感覚を味わった。

誰にも二面性はあるだろう。
私も、自分自身の二面性を自覚する時がある。
黒い魂と白い魂。
今の私を作り上げているのは、どちらの魂だろう?
あいちゃんとれんのように、いつか融合する時がくれば良いと思うが、砂糖がエベレストになっている紅茶級に甘い恋には、ちょっぴり憧れつつもそろそろ「大人の恋」がしたいと思う、アラフォー蒼麻乃である(^^ゞ

秋田の景色や季節感の描写が美しく、是非行ってみたいと思った。
三途川渓谷、惹かれます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

いっぱしのデート模様

昨日の息子とのオペラ座観劇デートは、双方の意向が合致していたせいか、年下のツバメとのデートのような完璧さ(笑)

地下鉄:伏見駅で待ち合わせ

観劇

パンフレット購入

劇場近くの地下にあるカフェでケーキセットを挟みつつ感想会話

本屋探訪(笑)

ラシックで、中華ディナー(パンフレット熟読)

オアシス21内のスタバでティータイム

勿論、パトロンは私(爆)
観劇中以外はずっと話題に事欠かず、母親と17歳の息子のデートにしては絶対に変(^^ゞ
私の計算では、ミュージカル観賞は娘とするものだと思っていた。
娘の方が、先に音楽に親しみを持ったからだ。
が、小学校卒業と同時に娘は合唱から剣道へ鞍替えし、変わりに息子が吹奏楽へ転向。
音楽へののめり込み方は娘の倍以上のスピードで進み、あっさりと「オペラ座の怪人」デートへと漕ぎ着けた。
娘とミュージカル、息子とジャズライブという私の目論見は見事に裏切られた訳だが、これはこれで良い展開だと思う。

私が「ストーカー」と評したオペラ座の怪人は、現代っ子な息子曰く「ヤンデレ」になるらしい。
次の「双方の意向に沿ったデート」は、きっとコミケになると確信するぐらいに、彼は雑学王的オタクに育ちつつある。
ちなみに娘は、中2のくせに自作HPで同人デビューした(__;)

てな訳で、ただいま「ザ・ポイント・オブ・ノーリターン」を聞きながら、余韻に浸り中。
コミケの前に、娘とのミュージカル観賞作戦も成功させたいが、息子は大学生活に入ったら(まだ受験生にもなっとらんくせに)コミケより先に海外を見てみたいとのたまった。
最初の外遊先は、モンサンミッシェルと決めているらしい。
壮大な野望だ……

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

劇場観賞『オペラ座の怪人』

劇場観賞『オペラ座の怪人』
劇場観賞『オペラ座の怪人』
息子への1ヶ月遅れのバースデープレゼントで、四季の新名古屋ミュージカル劇場に来ています。
相変わらず、大盛況。
劇場の雰囲気って、異空間ですよね〜
しかも息子と観劇なんて、感激(爆)


只今、観賞中……

終演


ミュージカルビギナーな息子にとって、初体験がオペラ座の怪人だったのは、極めてラッキーだったと思う。
正にエンターテイメント!!
開演後数分の、シャンデリアのシーンで既に舞台に釘付けになり、最後まで圧倒され続けた。


この不況下にあって娯楽費を削る人が多い中で、この観客動員。
皆、四季のチケットを手にする代わりに、何かしらを我慢している訳だが、そうまでしても見たい『夢の空間』があるのだと思うにつけ、浅利慶太氏は凄いと思う。
どちらかと言うと嫌いな人物なんだけど、需要と供給、ニーズに合ったものの見極め方は、脚本家以上に経営の才能なんじゃないかと思えた。
不況を吹き飛ばす策は、案外こういう人が持っているのかも……

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

記憶喪失

今、テレビ放映中の浅見光彦シリーズ『鐘』を観賞中。
が、原作読了な上に手元に残っているのにも関わらず、全く内容が思い出せずテレビから視線が外せない(^^;

私の読み方がいい加減過ぎたのか、人間の記憶がいい加減なのか、どちらなのだろう(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

湾岸署

踊る大捜査線の続編制作の話題を聞くようになったけど、織田裕二のご機嫌より、湾岸署役の社屋の存亡の方がヤバくない?( ̄ー ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

一筆申し上げ候

今年頂いた年賀状で、一番多かった手書き一言メッセージは、

ヤマト復活篇は見られましたか?(^^;

年賀状はサボり中なので、取り急ぎこちらでお答えしますm(__)m

ズバリ、見ていません(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

TV鑑賞『外事警察』

ナイスキャスティング
渡部篤郎

こういう狂気じみた役をやらせたら、彼の右に出る者はいない……

原作チェックしなくちゃp(^^)q

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

行きたくにゃい

送別会をやってくれるらしいです。
切られるのに、送別会!?
参加する気分じゃないから返事を保留にして断る気でいたら、幹事君から督促電話……
伝票提出遅いくせに、こういう時は手際が良くなるのか。
彼曰く、不参加権行使は駄目だそうです(爆)

派遣切りなのに賑やかに送別会って……
しかも強制参加かよ(-_-メ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »