« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

夜型自覚

学生時代から、試験勉強は真夜中から一夜漬け……
同人誌をやり初めてからは、書くのはもっぱら夜中……

試験勉強については、昼間は学校だったし、
同人誌については、昼間書く時間がなかったから。
で、終わらせていたんだけど!!

なんだか、最近になってやっと自分が真性夜型人間なのだと自覚しました。
だって、掃除洗濯家事炊事買い物布団干し全部終わらせて、
「さあ、好きな事をするぞ!!」
と、誰にも咎められずに趣味に没頭出来る時間を得ているにもかかわらず、明るいうちは全く捗らないんだもん(__;)
てな訳で、まだこんな時間ですけど今から夕食にして、サクサク入浴も終わらせます。
全て終わる頃の時間には、多分私の活動能力が全開になっている筈(笑)

ま、ある意味仕事中に趣味に手を出さなくて済んで助かると言うか、でも昼休みを有効利用出来ない体質に不満を覚えると言うか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一国一城・夢への一歩

週末、栄に8月に新規オープンしたレストランバーに行ってきました。
(しかも、別れた亭主に突如誘われ、挙げ句に日付が変わるまで居座った……(^^ゞ)

サロンレストラン「アンキア -Anquia-」
http://www.anquia.com/

待ちかねた瞬間です。
オーナーは凡そ20年前からの知己。
当時、旦那の行き着けだったお店のチーフバーテンダーが独立し、そのお店に客として行った際、バイトをしていた彼に出逢ったのが、アンキアのオーナーとの馴れ初めです。
当時は初々しい19歳!!
包丁も握った事のなかった若者が、今や立派な一国一城の主です。
貫禄も尽きました。
お店の雰囲気も、落ち着いていてホッと出来ます。
何よりも、料理が素晴らしい!!
オーナーの人柄が一目で理解できます。

20年前、接客だけのつもりが料理をやらされ、ボロボロの料理の出来に正直どん底気分を味わったと、初めて当時の気持ちを聞かされましたが、そのどん底気分をひっくり返して料理の道へ突き進み、9年掛けてオーナーデビュー。
苦手を克服して成功させた見事な例ですね。
最近、「ここ美味しいね」と言うお店でも、リピーターになる事が皆無だった蒼麻乃にとって、正に待ちかねたお店です。
彼の師匠であり、私達夫婦に憩いの場と美味しいお酒とお料理と会話を提供して下さった、亡き岩崎オーナーも喜んでいらっしゃる事でしょう。
何よりも、亡くなられた岩崎さんなくして、アンキアの誕生はなかったと思うと、縁は異な者不思議なものだと実感します。
そして、9年越しの再会も無かった事でしょう。
何より、別れた夫婦が日付が変わるまで会話で盛り上がるあたり……(苦笑)

さて、その岩崎さんの意思を受け継いだお店がもう一軒あります。
こちらも、場所を変えての再スタートですが、まだ視察に行けていません。
近日中にお祝いがてら、オーナーの顔を見に行きたいなと画策中ですが、最初の一回は元亭主に応援を依頼しないと行きにくい界隈なんだよな〜〜
ジルベルトという、正統派英国式レストランバーです。
こちらも、宜しくm(__)m

とりあえず、皆様蒼麻乃と呑みに行きましょ(*^_^*)
アンキア、本当に素晴らしいお店ですから。
独りで呑みたい人も、会話を楽しいたい人も、このオーナーなら機転聞かせて面倒みて下さいます♪
無論、オーナー自身が話し相手にもなって下さいます。
お料理についても、相談可。
人との御縁を大切に…… が、コンセプトだそうです。
正に、岩崎路線です。
だから、予約は電話でして上げて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

始まりは終わりの始まり

5連休も明け、本日より通常営業中。
始まってしまえば、アッという間の5日間でした。

今日は、休み疲れでボケてます。
ただいま~~ と、帰ってきた営業に、
「ただいま」
と返すあたり、危ないですね~~coldsweats01
「おかえり」だろ<ぢぶんに突っ込み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

極楽気分で帰還

良い気分で帰還
良い気分で帰還
格安日帰りバスツアー
『美肌の湯!! 昼神温泉入浴と治部坂峠100万本のコスモス鑑賞』
より、帰還の途に着きつつある蒼麻乃です。

海のように広がるコスモス畑をリフト上から眺め、美しさにウットリと溜息を吐きつつ、高地を吹き抜ける秋風の清々しさに目を細め……

が、旅の道連れは、食い気とお喋り(笑)

温泉は滑らかで正に美肌の湯!
湯上がりは、当たり前のようにビールで乾杯(^^)/▽☆▽\(^^)

楽しく有意義で贅沢な時間でした。
3日間で残業12時間こなした甲斐があったと言うもの(^^;
命の洗濯ー(o^-^o)

デジカメ画像はまた後日にm(__)m

今日は心地好い夢が見られそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美肌の湯!

昼神温泉入浴と100万本のコスモス鑑賞ツアーに行ってきます(*^∇^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

明けた!!

怒涛の月次、終わったよ!!
やっと帰れる~~~
明日から5連休なんだなってやっと痛感出来た中、現実には空腹で倒れそうです。

昼神温泉とコスモス畑と蕎麦食べ放題が私を待っている~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪崩

デスク上の書類が雪崩起こしそうな勢いで増えてます。
片付けど片付けど、減らない書類の山・・・
っつか、増えてるじゃんsign03
何故sign02
受注書を片付ける代わりに、売伝が増えていくからだよな・・・
一向にそれを発送する作業が出来ないからだよな・・・
仕入伝票の到着が遅れに遅れて、仕入処理する傍らで増えていくからだよな・・・

昨日は、ランチタイムが14時にずれ込んで腹ペコだった。
今日は、強制的に今ランチしたriceball
食べるだけ食べたら、休憩時間返上で仕事開始予定。
でないと、午後からもっと悲惨になりそうだからcrying
今日は、何時に帰れるかな~~~
先ほどから蒼麻乃、周囲に聞こえるほどの声で無意識な「チクショウ」発言が出始めた模様。
そろそろ疲労&苛々のピークかしらtyphoon
口は災いの元・・・ 要注意要注意flair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

今から

帰りまーす(溜息)
果てしなく続く残業の嵐(-_-;
でも明日踏ん張れば、5連休だ〜\(^O^)/

ちゃんと月次が終わればの話だけど(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

しがみつかない生き方 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルールの詳細

気になるな・・・
いや、私じゃなくて、読ませたい人がいるって意味で(爆)
ちらっと見てみたいような気もするけど、私はこういうハウツー本が苦手。

book出版社名幻冬舎
book発行年月2009年7月
bookページ数/版型204ページ/18cm
bookISBNコード978-4-344-98132-4(4-344-98132-4)

book目次

序章 ほしいのは「ふつうの幸せ」
第1章 恋愛にすべてを捧げない
第2章 自慢・自己PRをしない
第3章 すぐに白黒つけない
第4章 老・病・死で落ち込まない
第5章 すぐに水に流さない
第6章 仕事に夢をもとめない
第7章 子どもにしがみつかない
第8章 お金にしがみつかない
第9章 生まれた意味を問わない
第10章 “勝間和代”を目指さない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

IL DIVO

クラシックを歌う欧米人なイケメン4人組。
の存在を知ったのは、丁度1週間前。
ネットで歌声を聞いたのは昨日。
タイミング良く、部長の口から彼等の名前が出て(奥様と娘さんがはまり、大阪公演に続いて名古屋公演に連れて行けと、おねだりされているらしい)ピアニストで先生な友人あっつんに尋ねたら、

『背中がゾクゾクするよー』

との情報。
まあー、既にご存知だったのねー!!

そんな事言われたら、まともに聞きたくなるぢゃん(^^;
とばかりに、帰りにCDショップにGO(爆)
棚の前で悩みに悩みまくった結果(リリース済アルバム全てを買い占める予算はない)、デビューアルバムをゲットしました。
ビール&バタール食べながら、これからゾクゾクさせて頂きます(*^∇^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

芸術の秋・名フィルの秋

10/6(火)のコバケンスペシャルのチケットが届きましたloveletter
10/7の夜にネット予約して、10/9帰宅したら郵便受の中に封書が・・・
毎度の事ながら、名フィル事務局の事務処理の早さは素晴らしいです。
ブラボーーーshine
私も、この素早さを見習い、仕事と趣味に生かさねばbook

ちなみに、同日予約&入金した四季は音沙汰無しでございますdash

さて、今回の『名フィル:コバケンスペシャルVol.17』の演目は、

musicコダーイ:ガランタ舞曲
musicフランク:交響的変奏曲
musicリムスキー・コルサコフ:交響組曲『シェエラザード』作品35

の、3曲でございます。
お席は相変わらず安上がりなC席ですが(でも、音響も場所もS席より絶対に上よ)のんびりちんたらチケット取りをしたのにも関わらず、またしてもP席ゲットscissors
パイプオルガン前(オケの真後ろ)の2列目です。
すんばらしいheart04

最近ふと考えました。
映画も音楽も、見てるだけ・聞いてるだけじゃあ、何も得られないんだって事に。
私みたいな特殊な夢を持つ人間は、とにかく身体中の引き出しに色々なネタを詰め込まなくちゃなりません。
感覚をいつも鋭くして、落ち葉ひとつの姿からでも何かを得たいと思います。
失敗も没ネタも没原稿も宝の山sign03の筈・・・
理屈っぽいと言われようが、論理と筋道を立てて物事を冷静な目で観察し、色々な視野から考えを深めていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

あんたの仕事

親会社からの出向中課長よ、よく聞きたまえ!!
あんたの仕事は、親子の間を取り持つパイプ役に徹する事。
騒ぎが起きた時、どっちつかずの中立な態度を軸にして双方を宥め、事を穏便に済ませるのが役割。
なのに、あんた自身が双方を引っ掛け回した挙句に騒ぎを大きくして、どないする気じゃ(怒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重陽

本日、重陽の節句です。
ま、旧暦で計算するとズレまくりですが。

陽数の極である9が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。
奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ云々。
以上、ウェキより・・・

で、朝っぱら本当に不吉な最低な日だった(溜息)
今日は酒呑んで祓おっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

思い出してスッキリ

何かのドラマに使われていた曲のタイトルが、どーしても思い出せない。
かれこれ半年位、事ある毎にモヤモヤーン(-_-;

クラシックだから、記憶を漁るのもなかなか膨大で大変だし、クラシックだから実はタイトルを知らないままなんて事もあり得る。

が、不意に記憶の淵に引っ掛かるものが!!

ハンガリー舞曲かスラブ舞曲のどちらかに違いない(o^-^o)
と言う訳で、自宅のCD漁りをしてやって、やっとこさ目的の曲を聴き探しました(^^)v

私を悩ませた曲は、


ドボォルザーク作曲『スラブ舞曲・第2番 ホ短調』


やれやれ、CD持ってて良かったよ〜
でなきゃ、クラシックに詳しい友人に、口ずさんで聴かせなきゃいけない所だった……(恥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

ズォーダー大帝が笑う日程

件の『オペラ座の怪人』だけど、日程は聞いて笑え!! な、

2010/1/9(土)13:00~

年内は、ほぼ満席。
空いていても、B席には2人並んで座れる席が残ってない!!
もしかしたら、まだ予約開始されていない2月以降なら、
C席\3000があるかもしれない・・・
C席よりお高いB席だけど、蒼麻乃的感覚から察するに、
ランク下な筈のC席の方が全体の雰囲気とか音の聞こえ
が良いと思うのよね。

コンサートホールって作りが似たり寄ったりだから、数々の
コンサート会場に出没した結果得た知識からすると、どの
ホールもお安いC席が実は一番良い音や合唱が聞けるの
は明らかだし。
だから、本当は予算的にも耳・感覚的にも、C席が欲しい!!
なんだけどぉ、12月のお誕生日のお祝いが、2月以降って
のもねぇ(溜息)
子供の誕生祝するより前に、私の誕生日の方が先に来ちゃ
うなんて、言語道断だし。
ってな訳で、おかーさんの苦渋の決断なのだ(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親馬鹿もここまで来ると・・・

息子の17歳の誕生日は12/9。
名古屋では、四季の『オペラ座の怪人』が上演の真っ只中。
親の思惑とは裏腹に、何故か娘より息子の方が、芸術分野に
強く興味を惹かれるようになってしまったようで、先日さりげに
おねだりされてしまった。
えーー お金ないよーーcoldsweats02
で、済ませておけば良かったのに、今日は意外に仕事が平和
だったから、ついつい四季のHPを検索。
で、悩みながらも『つい』チケット予約のボタンをポチッとな(爆)
嗚呼・・・ 取り返しの付かぬことを~~~
2人で\12350(さすがにB席しか手が出せませぬ)の振込が発
生してしまった(- -;;
期日までに払い込まないで無視すれば、自動的にキャンセル
されるけど・・・
見せて体験させてやりたいじゃんね、こういう事は!!
感受性豊かに育って欲しいもん!!
広い世界を見て貰いたいもん!!
選択肢を広げて欲しいもん!!
溜息・・・
さて、本来の生活に支障が出ぬように、一層のコストダウンを図らねばdollar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねむねむ

蒼麻乃、どうやら日曜の夜に眠れない傾向にあるようですtyphoon
明日仕事だからと、無意識に神経が緊張するのか、出社が嫌イヤ~ン的に心身共に拒否っているのか、他に原因があるのかは判りませんが、眠くてたまらず横になった時でさえ、すぐに目がパッチリ冴えて眠れないまま朝まで悶々crying
日曜に外出してもしなくても、過去ずっとこのような感じだったと記憶をさかのぼると思い出せるので、一歩も家を出なかったけど家事で動き回っていた昨日だけが例外ではなさそう。
はう~~
ってな訳で、今日は眠いですsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

あーだこーだと

考える時間も楽しい。
うん、凄く楽しいよ!!
とんでもなく、楽しくはないけどさ(爆)
ずっと趣味でやる程度なら楽しいだろうけど(意味深)

同人ネタでも
オリジナルネタでも

どちらも楽しい!!

が……
1行どころか1文字も出てこないのって、どうよ(-_-;
文字通り産みの苦しみ(涙)
キーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助言

ナナエもんに関して、親友Mちゃんからメールが来た。

\^o^/久しぶり〜元気だった?ナナエもんにはお盆少し会ったよ。
  ん〜まあ、蒼麻乃の言ってる事はわかる。私も助言はした。ただ、これはナナエもんが気が付かない限り目が覚めないと思うから。彼女は彼女なりにやっていく努力はしようとしていると思いたい。
  前夫とは違うよとは話してある。蒼麻乃がそこまで悩む必要はない。わかって欲しいのもわかる。友達だからね。あんたが参っちゃうよ。私たちは友達。何かあった時に助けてやるのも有りだと思う。子供じゃあないからナナエもんも。

さすが、昔からグループ内で、ここぞの時に一番しっかり者だったMちゃんの地位は不動だ……
つうか、私が既に参っているのを、お見通しですか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

操縦は誰が!?

スルーしちゃった『宇宙戦艦ヤマト・復活編』だけど、どのシリーズの延長線に持ってくるつもりなんだろう?

完結編後なら、島君は戦死して不在だし、パート3までに続ける設定なら、島君は生きている。

個人的に、ヤマトの航海長は島君以外ありえないと言うのが、蒼麻乃の基本スタンスなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

花より団子

今年の仲秋の名月は10/3だそうです。
徳川園の観月会は、先着200名様に『団子』プレゼント。
白鳥庭園の観月『茶会』も気になるな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

偏りすぎな我が親友

愚痴でも悪口でもなく、ただなんとなくやるせない気分になったので、脳内の整理整頓の為に書きまぁす。

大親友歴25年のナナエもんは、金銭感覚が著しく欠如した女である。
どの位欠如しているかと言うと、勤続20年のパラサイトシングルなのに、貯金が\0と言えばお判りいただけるかと・・・
あと、車は一度も車検を通す事なく、新車購入。
まあ、これは親がホイホイ買い与えているんだけどね。
こんなんだから、当然大人しく国産車なんて乗ってません。
VOLVOやら、Audiやら、かなり豪勢です。
自社製品であるSUBARUのLEGACYは、通勤時の会社への対面用に仕方なく購入した代物。

彼女に言わせると、一応お小遣い帳は付けているらしい。が!!
例えば、\7万程の衝動買などは、『なかった事にしちゃえ』的に、消去。
結果、あくまでもお小遣い帳的には、彼女は自分の収入内で遣り繰りしているだけに留まらず、無駄使いも一切なく、極めて禁欲的な生活をしている・・・と、ふざけた事を平然と抜かすのよね(爆)
でも、貯金\0ぢゃん(^^;;
それはともかくとして・・・
最近、彼女の周囲には、私を含めた大学進学を控えた子供を持つ母の存在が増えてきました。
どの家庭も、こんなご時世なので(そうでなくても、進学にはお金が掛かる)皆頭を痛めている問題です。
進学したい子供の気持ちを踏みにじる気も諦めさせる権利もない。学費を出すのは親の義務だし。
でも、私学はちょっと・・・
そんな友人達に、ナナエもんは平然と言い切ります。
「そんなに勉強したけりゃさぁ、奨学金って策もあるんだし」と・・・
サラリと、事も無げに軽く言う彼女に、さすがに慣れたもんな筈の私も、呆れてつい苦言を呈しました。
「あのさ、簡単に言ってくれるけど、奨学金ってネーミングで騙されやすいけど、あれは借金だよ」
「知ってるよ。でも、本人が大学にどうしても行きたいって言うなら、後々返す覚悟くらい持ってて当然じゃん」
「いや、だからさ、その額が半端ないんだよ」

ええ、半端ないんです。その筈なんです。
額は知りませんけど、私の父が奨学金利用者だったので、よく存知上げておりますんです。
父は、就職→結婚→子供が生まれた→新居を手に入れた
となっても尚、奨学金返済をしていました。
ちなみに、父は国立大学出です。
国立大でさえ、その歳まで追いかけられる額・・・
私学だったらと思うと、とてもとても恐ろしくて手が出せません。
父は、水産学部で、甲種船舶免許及び船長免許と言う、かなり特殊な技術を得ていたので、コツコツと返す間も両親共に「まあ、持っている技術が並じゃないから」とばかりに、返済を特に苦痛に思う事はなかったようですが、もし「とりあえず大学行かないと就職出来ないし、やりたい事や興味のある事は特にないし」的に適当な大学に行って、適当に就職して、その後ずずっと奨学金返済をする運命になってしまったら・・・
私だったら、激しくグレると思います。
なんで、何の為に、私は謝金返済してるんだろう? って。
こんな、何にも役に立たない知識を得る為に進学して、その上残ったのが借金だけだなんてーーー って。
勿論、私の考えなので、他の友人の子供までそうとは言えません。
でもさ、ナナエもん。
そもそも借金なんてしない方が良いんだよ。
特に君みたいに、著しく金銭感覚が欠如している子は、他人の家庭の経営に軽々しく口出したりしちゃあ、いけないんだよ。
君が小遣い(でも、既に幾らかは使用済)として財布に入れていた\8万を見て、親友Mちゃんは怒り臨界だったのを覚えているでしょ?
\8万は、6人家族のMちゃん家の1ヶ月分の生活費なんだよ。
君にとっては、お世辞にも1ヶ月分のお小遣いがまさか\8万では済まされないよね。
以前新年会で、\5~6万のはした金発言して、私とMちゃん・Aちゃんをマヂ切れさせた事もあったよね。
\5~6万のはした金は、蒼麻乃の1ヶ月の生活費+αだよ。

そんな彼女なんだけど、実は2月に再婚しましてね。
お相手は、7歳も年下の33歳の純朴な世間知らずの青年(爆)
年収は、当然ナナエもんより少ないです。
無謀です。
と言うより、私は33歳の前途ある若者の未来を無下に手折って、どう責任取るつもりやねん、コイツは!?
と、マヂ思いました。
家賃が安いからと言う理由だけで、彼の地元に賃貸マンションを借りたのは良いけど、彼女が通勤するには遠すぎ、2月に結婚したのに未だに別居です。
で、相変わらず実家でパラサイトです。
勿論、一円ぽっちも実家にも婚家にも生活費入れてません。
最近、これじゃあ結婚した意味がないと考え出し、仕事を辞めると言い出しました。
ええーーー 無理だよ!?
だって君が仕事辞めて、君より年収の低い旦那さんの稼ぎだけで、君を養える訳ないじゃんさ・・・
特に、君は金の掛かりすぎる女なんだし。
でも、彼女は彼にとんでもない事を要求してました。
私仕事辞めるから(でも、自分の小遣い稼ぎでパートには出る)、あんたはダブルワーク(仕事を掛け持ちする)でもして月々の手取りを\8万アップさせろと説教こいたのです。
それはちょっと身勝手だろうと、昨日さすがに説教しましたが、彼女はアッケラカンです。
いや、多分そう来るだろうと思っていたけどね。
でもさ、最初から自分より年収低いって判っていて結婚したのは、ナナエもんなんだよ。
自分でさえ貯金\0なのに、つまり相手の給料の遣り繰りが出来る筈がないのに、結婚したんだよ。
大して結婚願望があった訳でなく、相手の盛り上がりに対して適当に付き合った結果で・・・
彼女にとっては、旦那さんは生涯一緒にいたい人ではなく、当然恋愛結婚などではなく、むしろ離婚も視野に入れて結婚してやった人。
盛り上がって、発熱状態なのは、旦那さんだけなのです。
にも関わらず、今更兼業してでも稼げですか!?
つか、だからこそ、自分は一銭たりとも家庭に入れる金は稼がないって言えちゃうんでしょうね・・・
でも、私は旦那さんの方も悪いと思うけどね。
分不相応の結婚をしちゃったんだから。
自分のライフスタイルから光年単位でかけ離れている相手と、出会って4ヶ月弱で式まで挙げちゃったんだから。

さて、彼女は10月には仕事を辞めると宣言してました。
本当にこれまでのように、この先もずっと永遠に死ぬまで、彼女の思い通りにブイブイ行くのか否か?
昨年年末の予定では、3月一杯で辞める!! でした。
それが、7月に変更になり、8月に変更になり、昨日は10月退職宣言・・・
昨日はかなり辛辣に諌めたけど、暖簾に腕押しだったから、もう何も言いません。
でも、こんな金銭感覚の友人を見ていると、なんだかイタタマレなくなります。
でも、憎めないんだよね(溜息)
彼女曰く、
『自分は他人への無償奉仕が好き(プレゼントをするとか)で、多分物欲がなく見返りも全く求めない分、人より少しばかりお金の回り具合が良いんだよ。正に、金は天下の回りモノだよ!!』
だそうです。
そうなんだ・・・
私、大の仲良しのお友達主催のピアノのコンサートに、花束はおろか差し入れも持って行けなかったんだけど、ナナエもんに言わせると『そういうケチ』な所が、今の貧乏生活の要因になるのか・・・(ガックシ)
私だって、有り余る程とまでは行かなくても、余裕があれば差し入れのひとつやふたつ、持参したかったよ。
だけど、実際お財布と相談したらそうもいかなくってさ・・・
でも、これが貧乏人の貧乏人たる所以なんだ・・・
ああ、やるせなくていたたまれない(泣)
だけど、好きなんだよ、ナナエもん(核)
なんでだろうねぇ、私達友人一同(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Audi A8

トランスポーター3・・・
映画のエンディングテロップに『Special Thanks Audi』と、あるように、主演のジェイスン・ステイサム同様にミーハー視点で萌えてしまうのが、ジェイスン演じる天才運び屋フランク・マーティンの愛車である車car
1作目の愛車はBMWだったが、映画開始後30分するかしないかの内に爆破されて廃車。
その後、自宅もロケット弾で爆破され、以降は手を変え品を変え、飛行機から運送中コンテナに飛び乗って奪い取ったりなどなどでトラブル解決。
衣装も仕事着の筈のスーツ姿から、前半のうちに既にラフな衣装に代わっていた。
続く2作目から、愛車がAudi A8に変更。色は黒。車をこよなく愛するフランクらしく、いつもピカピカ。
これを華麗に乗りこなし、だが2作目でも愛車を途中で乗り捨てざるを得ず、以降は他人(対決相手)の車を派手に乗り回し、最後には爆破炎上廃棄処分状態にしていた。
そうそう、2作目は最後まで仕事着なブラックスーツにネクタイだった。
そして、現在公開中の3作目も、黒ピカのAudi A8heart04
今回は、まず走行距離が前回までとは桁外れに遠い。(マルセイユから、ウクライナのオデッサ)
でもだからこそ、画面へのAudiの露出度は高い。
何せ、設定上フランクは身体に仕掛けられた爆弾の所為で、車から離れられないので、必然的に常にAudi A8の中か、車外に出ても常に彼の横か後に黒光りするボディが鎮座しているのだ。
ちなみに、Loveシーンも車の中でしたbomb
これでAudi萌えするなと言う方が無理である。
しかも、車を捌く人間のテクニックも一流なら、華麗すぎる迫力満点のカーアクションで一番目立つのは、必然的に運転手のフランクとAudiなんだしhappy02
ちなみに、3作目も最後の最後に愛車Audi A8は線路上に落ちて廃車な運命・・・
それ以前、湖に完全水没させてから完全復活させて走り倒して追い掛け回して列車の屋根にダイビングして、更に列車の屋根から列車の中までダイビングさせる程に酷使していたから、当然の成り行きって言えば当然だけど。
大昔から、車を買うならAudi(色は赤)か、スバルのレガシーB4と決めていた私だけど、宝くじ当たったら、絶対に黒のAudi A8を買うわと決意しちゃいましたbleah
問題なのは、昨年や今年の都市部のゲリラ豪雨で水没した地点で動けなくなっている車は、全て外車だったって現実かな~~~
修理も、部品によっては遅くなるらしいし。
あ、そんな心配しなくても、Audiに自力で乗るなんて万に一つの可能性もないけどね(乾いた笑い)
そうそうちなみに、一緒に鑑賞した某スバル自動車勤務のナナエもん曰く、あのスペシャルなAudi A8は、エンジンはノーマルなんだそうな。
外見は映画用にカスタマイズされているものか市場に出回っている一般車なのか判断出来ないけど、音を聞く限りではエンジンには一切手を加えていないと言い切ってました。(彼女自身、Audiユーザーなので信憑性はあると思う)
つまり、エンジンには一切カスタマイズを加えず、あの華麗なカーアクションですかshine
あ、あと、完全に水没した車をあんな短時間で復活させるのは、絶対に無理とも・・・mist
やはり、フランク・マーティンは天才だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

\50ディナー

\50ディナー
ナナエもんと、『トランスポーター3』鑑賞に(*^∇^*)
2度目の鑑賞で、解決されたツッコミ所と、新たに湧いたツッコミ所が満載(笑)
素晴らしくイケメンでもなくハゲなジェイスン・ステイサムが超カッコ良く見えるのは、やはり身に付けている雰囲気とか見せ方の違いなのかな。
2度目も良い目の保養&勉強になりました。

ところで、鑑賞後に寄った行き着けの『とんかつ屋』さんのディナー代が、お一人様『\50』でした(爆)

お店の間違いではありません。
前回行った際に頂いた\1000チケットを利用したら、こうなりました。
てっきり、1度のご来店につき一組1枚ご利用可能かと思ったのですが、お一人様一回1枚利用可能だったらしいです。

\50でお腹一杯の上に、こんな時間まで居座って申し訳ないm(__)m
次回はフルコースをオーダーさせて頂きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

一点の曇りもない快晴の

秋空が広がっています。
9月に、長月に入りました。
この、秋晴れの下で蒼麻乃は・・・sun

朝から職場中をバタバタバタバタ駆けずり回っています。
郵便局へのお使い中も、真っ青な空を振り仰ぐ余裕もない。

腰据えて書類に向かおうとすれば、宅急便が来る・・・
腰据えてシステムに向かおうとすれば、電話が鳴る・・・
今度こそ!! と、思えば、やっかいな仕事を増やすFaxが届く・・・
落ち着いて、1つの仕事に集中できないクソ忙しさcrying
ウキーーーーーannoy
このご時世、忙しいのは良い事だろうさ。
でも、私の背中は重量オーバーで悲鳴上げかけているんですけどが。
まだ仕事倍増状態に身体と能力が付いていけてないだけだと良いんですけどね。
息吐く間もないとは、この事だcafe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »