« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

禊ぎ

6月30日。
夏越の祓は今日が本番。
折角なので、今日も茅の輪くぐりをする為に護国神社に寄ってから帰宅。
折しも天気は、退社間際から雨。
昨日も土砂降りの雨の中を郡行した訳だけど、今日もですか?
それも、退社する時に限って雨……
家に帰り着く頃にはすっかり上がってたりする訳だから、これは禊ぎの雨なのか!?
お賽銭さえケチりたい程にささくれだった昨今の私だけど、大祓の時くらいはと思って5円捧げてきましたともさ。
茅の輪をくぐる時に、茅の良い香りがふんわり漂ってきて、懐かしいような気分になった。
今年も半年終わった。
明日から7月。
東海地方はまだ梅雨真っ直中で、連日湿気との戦いだけど、いよいよ夏本番だなとも感じる。
私は生まれも育ちも名古屋だけど、とりあえず6/30なので純米酒と水無月を食しておいた(^^ゞ
その他、玄関とベランダに塩まいて、玄関と居間とトイレでお香を焚いて……
塩とお香は、思い付きの我流だけど(^_-)-☆
とかなんとかやりながらも、根本的に神仏に祈る気が全く失せて冷ややか〜な気持ちなままなのがヤバイかもしれないと、つくづく思ったりもする。
南無阿弥陀仏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

祓いたまえ浄めたまえ

Sn390101



Sn390102













土砂降りの雨の所為で、会社を一歩出た途端に、足下もびしょ濡れ。
護国神社の茅の輪くぐりは、雨が酷いからや〜めたという気分だったのが、そのおかげで一転。
濡れちゃったついでに水溜まりをもバシャバシャと踏み付ける勢いに任せて、護国神社経由で帰途に付いた。
八の字とは、如何に? の疑問は、くぐり方を墨書きした立て看板が置いてあった事でアッサリ解決。
ただし、一回では読解出来ず、しばし看板と睨めっこ。
イザ!!

回っているうちに違う次元の同じ場所に出ちゃうかも……
なんて想像してしまうのは、人気のない夕暮れ刻の神社特有の雰囲気の所為か?
でも、大きな輪っかの下(中)をクルクル回るのは、意外な楽しさ(^^ゞ
いい歳した大人が、雨の中時折立ち止まって看板と睨めっこしてはクルクル……
なんだか笑えてきた。
本来の夏越の祓は、明日6/30が本番。
明日の帰路、まだ茅の輪が残っていたら、明日もやってみよっと。

ちなみに、愛知県護国神社の茅の輪は、ギネスものらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏越の祓

今朝の通勤途中、愛知県護国神社の前を通り掛かった際に、鳥居前に大きな輪っかがそそり立っているのを発見。
知識では知ってるけど、呼び名を失念したまま半日・・・
ムガーーー 気になるぅぅぅdash
で、今やっと思い出した。

「茅の輪」だ!!

明日が6月30日だからだったんだね。

茅草で作られた輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓うものである・・・
と、ウェキにはあるけど、具体的にどう回るのか皆目わからん。
でも、初めて間近で見る茅の輪だし、明日回ってこようかしらん。
時間的に、もう終わっているだろうけどさ(泣)
あ、そうか、今日行っておけば良いんだ。
どうせ、私には無駄な神頼みだしさgood
今日行こうが明日にしようが、効果は変わらんさ、きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

川柳風

健診日
ヒヤヒヤだった
腹囲測定


蒼麻乃:成人C健診

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

名古屋名物ですから

娘を含むマブダチーズ、別名『3羽烏』の愛すべき後輩の愛称は、

手羽先

パシリの間違いじゃないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村正

娘の剣道友達なマブピー(幼稚園からの腐れ縁)は、バレエとダンスを習っている。
先日、ダンスの発表会で舞台を披露したらしいのだが、その演目が
『妖刀・村正』

同級生一同、彼女に向かって
「え〜〜〜、刀の役やるの?」
「ぶんぶん振り回されるの?」
「凄い、主役じゃん」
と、真面目? に騒いだらしい。
演目名だけでそこまで妄想したら、そりゃ殴られて当然だよ!!
でも、私も大受けして、実際彼女が何役をやったのか、聞いてないから同罪かも(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

うきぃぃぃぃぃ

呑んで暴れたい気分wine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンギスカンキャラメル

息子が無事に修学旅行から帰還しairplane、北海道土産の定番な「白い恋人」をくれた。
丁度、石屋製菓の売上が伸びているというニュースを聞いたばかりだったので、思わず
「おっ、売上に貢献してるね」
と笑ったところ、ボソリと怖い発言が・・・

『本当は、ジンギスカンキャラメルを土産にしたかったんだよね』

なぬ? ジンギスカンですとsign02

何故こんなものを土産にするのか意味が汲み取れない位に味付けが凶悪な代物で、それこそ昨年娘が土産としてもらった『わさびラムネ』以上にショッキングなお味らしいんだけど、実際に試食した訳でもないので、私に食べさせて話しのネタにする為に買おうとしたらしい。

母ちゃんを、実験台に使うなーーーpunch

PS:洞爺湖及び小樽を中心に回ったんだけど、洞爺湖には『洞爺湖剣』がしっかり置いてあったらしい。
ジャンプショップ以外でも、買えるんだ~~~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

スイッチ

あっつんから、今朝の中日新聞の記事を送りたいからと、会社のFAX番号の問合せがあった。
その寸前のメールでの話題が、人事異動ネタだったから、私はてっきり人事異動には新聞沙汰になるような裏事情(勿論会社側の)があって、それを知らせる為に新聞を送ってくれるのだと思った。
ら、違った。
内容は、作家:諏訪哲史氏についての記事。
今の私の状況になぞらえて送って来てくれた事は一目瞭然だった。

諏訪氏は大学卒業後、名鉄に就職したものの作家になる夢を諦めることが出来ずに退職。
2年間無職で書くことに専念した結果、応募作で群像新人文学賞と芥川賞を受賞。

ここだけ読むと、才能がある人は良いわよね~~
と、なるのだが、彼の場合相次ぐ近親者の死亡などが重なって、目標を持てない時期が少なからずあったそうだ。
そんな時に同窓会で再会した恩師の一言で見事作家としてスタート出来たそうなのだが・・・
きっかけなんだよね、結局。

私にも夢がある。だけど、現実的に夢や希望が持ててないのも事実。
なかなかエンジン始動が出来ない自分に苛々する日々が続いている。
最近寺社仏閣に行けないようになったのは、祈れないから。
祈れないのは、希望を失ってしまったからだと思っている。

私には、何かが足りないのだとは、もうずっと漠然と感じている事。
あっつんは、スイッチだと言う。
スイッチが入れば、突然勢い付いてまっしぐらになるんじゃないか?
ただ、そのスイッチを入れるのは誰なのか?
他人なのか、自分なのか?
そのスイッチはどこにあるのか?
自分の目に見える所にあるのか、他人の目じゃなきゃ見えない所にあるのか?
もしかすると、実はまだスイッチが現れていないのかもしれない。
けど、必要なのは、叶えるんだーーーーって言う強い気持ちじゃないのかな? って。

某マイミクさんからは、私が夢を叶える為には、自分自身を客観視出来るようにならなければ駄目だとも言われた。
そうなんだよ・・・

この性格、ホントにムカつくannoy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

してやったり

偏ってはいるけど、ほぼ活字中毒の高校2年な息子とは正反対で、勧めれば読むけれど自分からは選ばず、小説よりは漫画派な中学2年の娘を活字十毒にすべく策を労する母・蒼麻乃。

セーラー服と機関銃(赤川次郎)

続・セーラー服と機関銃(赤川次郎)

太陽の子(灰谷健次郎)

不思議の国のアリス

鏡の国のアリス

と、ジャンルがグチャゴチャながらも、なんとか活字に興味を持たせる事に成功し、読了まで持込んだのが上記の本。
週末、珍しく「何かお勧めの本はない?」ときたので、ここぞとばかりに三毛猫ホームズを推薦してみた。
がぁ!!
「あ、それサキミが持ってるよ。それはパス」
と、きやがった。
3羽烏中1羽が持っている本は嫌なんですと。
彼女曰く、学校に持って行けて、まだ同級生(中坊)が目を付けていない本が読みたいらしい。勿論、面白くなきゃ駄目。
学校では(剣道でも)影が薄いと豪語する娘だけど、実は昔と変わらず目立ちたがり屋なんじゃない!? と、思いたくもなる。
で、考え抜いた結果、小野不由美の十二国記を勧めてみた。
漢字が壁になるかな~~ とか、道教的な内容とか、天網とか大儀とか仁とか理解出来るかな~~ などなど、ちょっと心配した面はあるけど、100%ファンタジーと取れば読めなくはないだろうと思ってセレクトしたら、それが大当たり。
最初のうちこそ「漢字が判らん~~」と、広辞苑片手に読んでいたのが、15分もしたら静かに・・・
振り向いたら、最初寝そべってダラダラ読んでいたのが、何時の間やら起き上がって夢中で読んでいる姿を発見。
ニヤリscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

レクイエム

昨日、名フィル:コバケンスペシャルに行ってきた。
今回の演目は、
*モーツァルト:交響曲第40番ト短調K550
*モーツァルト:レクイエム 二短調K626

本日の目玉(注目点)は、
1.コバケンの指揮
2.席
3.レクイエムの合唱団

2の「席」は、今回P席一列目。
P席とは、2階パイプオルガン前で、指揮者を真正面から見られ尚且つその向こうにいるS席のお客さん達を一望に出来、オケは後姿しか見られないけど、合唱団のすぐ上という好立地。
3の「合唱団」は、岡崎高校のコーラス部と、そのOBで結成される岡崎混声合唱団の面々。
商業的合唱団ではなく、あくまでもアマチュアだけど全国的に見てもスペシャルランクの合唱団だ。
ちなみに、岡崎高校は世界一の歌声を持つ合唱団でもあるらしい。
聞けば、93の国から440余りのグループが、28の部門に別れて、パフォーマンスを繰り広げる、2年に1度のコーラスの祭典
「第5回(昨年度) ワールド・クワイア・ゲームズ」
にて、第5部門:青少年混声合唱の部で岡崎高校コーラス部が世界1の栄冠に輝いたとか。
そんな訳で、嫌でも期待が高まるというもの。

で、開演・・・
多くは語るまい。
ってか、語れない。
とにかく、凄かった。
四部じゃなくて、もっと多いんじゃね? と言う位に、繊細で多彩なハーモニーの渦が上に立ち上ってきて、背中をゾクゾクさせる程の快感。
とにかく感激して思わず涙ぐみそうになった。
パイプオルガンの音も良い。

そしてアンコールは、岡崎の合唱団のハーモニーを引き立たせる為にアレンジしたレクイエム第3曲:セクエンツィアから№6:ラクリモーサ。
はっきり行って、プロのソリストより岡崎の歌唱力の方が感動を多く与えてくれた。
で、大変失礼ながら、ソリストの影は薄かった・・・
ってか、サービス精神旺盛なのは、さすがコバケン。

合唱曲を生で聞くのは始めて。(合唱コンクールは嫌って程、聞いているけどさ)
合唱曲と言うと、大体年末の第九を思い浮かべるけど真面目に聞いたことはなかった。
が、今回の生レクイエムは本当に素晴らしかった。
高校生が出ている訳だし、このコンサートの演奏は絶対にCD収録されているような気がする。
あるなら、是非手に入れてみたいものだ。

さて、今年もNHKコンクールが近付いてきた。
岡崎高校コーラス部も、今日から心置きなくNコンの練習に集中出来るのだろうが、名古屋にはもう1校強豪がいる。
名古屋市立北高校音楽部がそれだが、岡崎対名古屋北・・・
今年のNコンが楽しみだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

リニア新幹線

少子高齢化社会で、明らかに人口が減っていく事が判っているのに、このリニアは本当に必要なモノなのか。
採算が取れるかどうかも判らない。
きっと、東海道新幹線より相当お高くなる事は明らかだから、コスト削減がうるさい昨今の企業は、リニアは推奨しないと思う。
収入が下がっている一般世帯も同様。
出張自体を控えさせる傾向だから、うちなんてテレビ会議だし。
ま、開通は16年後だから、もしかしたらまたバブリーになってるかもしれないけど。
でも、時代に逆行してる計画としか思えない。

南アルプスのど真ん中にトンネルを掘るのも気に入らない。
亡くした自然を取り戻す事など、今の我が身可愛いだけの身勝手な人類では不可能な事は承知してるだろうに。

時は金なりとは言うけれど、狭い日本そんなに急いで何処へいく?

そ~も~そ~も~、のぞみが走り始めた当初は名古屋飛ばしをしたくせに、何故今更リニアで東京=名古屋な訳?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

名付けて泰麒ダイエット

★週末プチ断食慣行。
★普段の食生活を野菜中心のものに変える。
★全体的に食べる量を減らす。
★朝夕の食後にヨーグルトを食べる。
★お酢の水割りを朝夕の食後に飲む。
★早食いを止める(でも、例えばランチsoon12:05から食べ始めて12:15に食べ終わってちゃ、駄目駄目だ)
★朝夕の食前に、きなこミルクを飲む。
★間食を止める。

泰麒と名付けたのは、彼が蓬莱生まれで黒髪だからって言う単純な理由から。(健気だし)
なんだけど、受難だらけの麒麟の名を使ってる所為か、りんご酢を黒酢に変更後+きなこミルクを飲み始めたら、出るものが出なくなった上に、減るものも減らない。増えてもいないけど。

でもって、野菜中心のつもりが、気付くと鰹のお出汁を使ってたりする。
泰麒、食べられないぢゃん・・・
麒麟でもない私はお出汁位じゃ失道しないから、気にしないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

比較対照

世間一般的によく使われる、
「あのお宅に比べれば、ウチはかなりマシだわ、良かったcoldsweats01
と言うところの、『あのお宅』がすなわち、蒼麻乃・・・
って事なんだよね、要するに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

くたばっちまえ

息子のママ友で、今ではママ友を超えてママ同士が旧友のように付き合っている、久ちゃんとの昨日の会話。

「生きるって面倒くさいよね」
「どれだけ走ったら平穏が見えてくるんやろう」
「早く死にたい」
「子供の学校出すまでで、もうええやろ」
「50歳くらいでくたばりたい」
>>「私(蒼麻乃)は、もうちょっと前(あと2~3年)でもええで」

意見が全て一致。
前向きに生きようとしても、ちっとも良いことなんか起こりゃしない。
人間万事塞翁が馬は、嘘やね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

失敗したのかもしれない

昨年のこの時期に、近所の友人から譲り受けた『柏葉紫陽花』bud
もう6月だと言うのに、花どころか花芽さえ付かないsad
昨年の花の後の剪定を失敗しちゃったのだろうかng
だとしたら、待てど暮らせど咲くわけないよな・・・
はう~ん、今年の夏はベランダが侘しいshockかもしれない

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »