« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

京都・1日目

本日の旅程。

☆名古屋07:00発『ひかり』にて京都入り

☆京都キャリーサービスで荷物のホテルへの宅配を依頼=@¥750

☆華厳寺(鈴虫寺)=説法・お茶・御菓子有り・庭園見学可

☆光悦寺=徒歩での庭園拝見のみ

☆源光庵=方丈より庭園見学可

☆圓光寺=方丈より庭園見学可

☆詩仙堂=方丈より庭園見学可

☆蓮華寺=方丈より庭園見学可

☆下鴨神社(納札のみ)

☆嵐山(夜の渡月橋見学)

本日の宿は、三井ガーデンホテル四条。
朝食バイキング付き激安プラン利用。(2人朝食込みネット価格¥11200)
大浴場有り。

☆夕食は、四条西洞院にあるお好み焼き屋『竹』にて
 辛子明太子・玉子くるくる巻きが絶品!!

本日の旅程のテーマは『お庭』。
選出者は娘。
観光客に全くかち合わない、ゆったり鑑賞な旅だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

灼熱の旅


明日から、2泊3日で娘と京都に行ってきます。

3月に息子と東京2人旅をする際にゴネた娘を宥める為の約束の決行だが、何故『夏』なのかは、私達が名古屋生まれの名古屋育ちだから(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

ねこじゃらし

この猛暑で、花を活けてもすぐに枯れるか朽ちるかしてしまう。
蓮の花も、花開く前にシオシオとなってしまった程だ。
可愛そうだし勿体ないし、かと言って今更花のない生活も寂しいしで、何か良い方法はないものかと悩みながらバスを降りたら、目の前に『ねこじゃらし(狗尾草(えのころぐさ)』の大群が……

これだ!!

とばかりに、5本ほど摘んで束ねて、バンブーだけ無事な剣山の隣に活けてみたら、目に涼しい立派な活花(?)になった(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

迫力の演奏

昨年度までは、娘所属の合唱部の追っ掛け部隊だった蒼乃だが、今年度からは息子所属の吹奏楽部の追っ掛け部隊所属と相成った(笑)

と言う訳で、本日は『愛知県吹奏楽コンクール・東尾張地区大会』。
この時期と言えば、娘のNHK合唱コンクールで毎年ドキドキしていたが、今年のドキドキ度娘のコンクール遙かに上回る
と言うのも、息子はパーカッション担当で、立ち位置も音もかなり目立つから(^^ゞ
大太鼓・ティンパニー・シンバルなどを渡り歩くかなり忙しい『部署』でもあるが、とにかく音が目立つ分『大』失敗が許されない楽器だ。
テンポ部分でも、他楽器をリードしていく事も多々ある訳だし……

おまけに、コンクールと言っても会館は有名人のコンサートでも使用する音響効果の整った大きめの箱で、しかも保護者以外の鑑賞者も多く見込んでか、鑑賞は保護者と言えども有料という本格仕様。
そして、さすがに高校生の吹奏楽コンクールだけあって、どれも素晴らしく大迫力で感激モノ!!

そんな息子達の吹奏楽部の演目は、

課題曲:マーチ『晴天の風』(課題曲は4曲の中から選ぶ)
自由曲:付随音楽『真夏の夜の夢』より

結果は……

いただきました、銀賞を!!

娘に続いて息子も賞を受賞する立場になろうとは……
その貴重な体験を共有出来る私は、幸福者だ。

それにしても、やはり生の音楽は良い(#^.^#)
銀賞な息子達は出場は果たせなかったけれど、是非とも愛知県大会と県代表選考会にも出掛けたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の沼タルト

桃の沼タルト

尾張旭にある『ティーズ・リンアン』の今日のスイーツは、

☆桃の沼タルト☆

沼(澄んだ清らかな水)に見立てたゼリーの中にジューシーな桃がタップリ「沈んだ」、目にも舌にも涼しくて美味しいスイーツでした。

ゴチになりましたーm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

連れて行かれそうになった

Y川で仲良くなった友人とランチ。
が、話しが妙な方向に……

君は、創価学会だったのかぁ!?

危うく、関係事務所に連れ込まれる所だった(O.O;)(o。o;)
そういう思惑もあったのか……
あちらとしては、私なら簡単に入信させられると思ったんだろうなぁ(^^ゞ
騙されそうなお人好しに見えるのは否定しないが……
でも、母を舐めちゃいかんよ。
もはや純真無垢な乙女でもないし、さすがに美味しすぎる内容には全て疑ってかかる位の嫌らしさは持ち合わせている(爆) <と言う割に、就職大失敗しているが(__;)

そして……
済まぬm(__)m
友人としては好きだけど、宗教に関しては同意出来ないのだよ。
心の拠り所として、宗教に傾倒する事やする人を批判する気はないけれど、私の心の拠り所は宗教ではないって事はハッキリしているし、苦しい時の神頼みはするけど押し付けがましい宗教論は嫌いなのさ。
祈る心は強制されて得るものではないし、そもそも押し付けないのが宗教の鉄則の筈。

信じる者は救われる……

そう言いたいのも判るが、信じる対象は人それぞれ違うもの。
少なくとも今の私には、傾倒する神や仏や信仰心はいらない。
心の支えは家族。
頼みとするのは自分のこれまでの経験とそこから得た力(能力・才能・努力)と可能性で、必要なのは支えてくれる生身の存在だ。
そこに、時々気紛れに存在するのが八百万神や大須観音や不動明王・ご先祖様(お墓参り)。

と、私は考えている。

八百万神とは良く言ったもので、日本の風土は多神教である。
他の神を貶める事なく、受け入れる風土・気質なのだ。
私には、無神論者ではなく、多神論者なのだという自覚が少なからずある。
多神とは即ち、自然の息吹であると考えている。
すぐ傍にある、例えば花や緑、夕焼けに十分心を癒されていると思え、即ちこれが自然な姿の信仰心なのではないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

植物図鑑

しきみの違い……
葬儀社にいたくせに、

しきみ=仏教
榊=神道

くらいにしか理解出来ていなくて、植物として違う物なのか同じ物なのかさえも疑問だったのだが、8月のお盆を前にして花屋の店頭でそれらを多々見かけるようになった事で思い立って調べてみたら、植物上全く違うものである事が判明。
ちなみにしきみは、『食べれば死に至る程に有毒な植物』なんだとか。
独特の芳香を持つため香木としても珍重されており、その香りを利用して、土葬時代にご遺体が狼などに食い荒らされるのを避けるために墓に植えた所から、今も仏式のお葬儀に使用されるようだ。 う〜む、勉強になるなぁ。

なんだか、小野不由美先生の『屍鬼』を思い出してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

御神酒

ベランダの塩はともかく、玄関先の塩が掃除会社の餌食になってしまい、アッサリ消えてしまった(O.O;)(o。o;)
慌てて、再び塩を盛ったが、やはり粉末系のものは箒にも雨にも弱いと実感。
乾いて姿は見えなくなるものの、地に染み込む御神酒をまいた方が良いのかもと手持ちの酒を見たら、大吟醸しかない。
効力は絶大かもしれないけれど、さすがに大吟醸を玄関先にまく為に使うのは、一般庶民としては「勿体ない」という感覚になる。
あとは、秘蔵の緑茶梅酒と黒糖梅酒だが、これは蟻がたかりそう(__;)
料理酒じゃだめ…… だよね、いくらなんでも(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

出血大サービス

蚊に刺されまくりで、痒い……
特に、足が酷くてボコボコ(ノ_<。)
その蚊の生息地はY川さんの所だから、尚更憎たらしい(-.-#)
OLには必需品なストッキングも、この時期は恨めしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

悪霊退散

玄関とベランダには盛塩。
心理的には、御神酒も巻きたい気分。
あ、お香も焚こう。

エネルギーを著しく消耗した所為か、身体も頭も重い。
娘が剣道に出掛けてから、部活帰りの息子と連れ立って帰ってくるまでの2時間、薄暗い中で灯りを付けるのも忘れていた事にも、我ながら呆れてしまう。

はぁぁぁぁぁぁぁぁ

昨日・今日と、有り難い電話が続いた。
悪い事ばかりではなく、信頼出来る友人が4人ほど増えたと思えば、それはそれで由なのかもしれない。
が、一度開いた胃(十二指腸?)の穴は簡単には塞がらない模様で、かなり痛い(×_×;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

足抜け

筋の通らない人間相手に、筋を通す必要などない……

そう判断し、今朝はいつもより30分早く出勤。
当然一番ノリ。
サクサクと私物を纏め、タイムカードのコピーをとって素早く撤収。

ズルくて最低なやり口だけど、身を守る為にはこうするしかなかった……

さて、頭を切り替えねば。

家族の正念場も来ている事だし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

豆腐丼

ご飯
豆腐
温玉
濃いめのあん
ショウガ

痛む胃に優しい本日のランチ。
美味でございました。

午前中の豪雨が嘘かのように晴れ渡った午後は、大須観音への参拝。
本日は酉の市だったようで、骨董品が目白押し。

夕刻、主治医の前で号泣。

なんだか、心の中が空虚になっている……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

劇的ダイエット

成功の秘訣は、なんだろう……
なんと、1週間で3Kgのダイエットに成功!!
毎日、炭水化物主体のイタリアンばかり食べているのになぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

優勝

優勝

剣道の錬成大会(警察署内にあるお稽古場のみの大会)の新入団員の部にて、娘が優勝!!

凄い!!v(^-^)v
合唱もそうだったけど、本当に我が娘とは思えぬ程に努力家だ。
健気さに、胸が一杯になる。
一生懸命にやれば結果が出なくても…… と言う考え方が、どうやら彼女の性に合わないと言えば良いのだろうか?
気が強いと言うか、気高いと言うか、プライドが高いと言うか、とにかく結果を出す為に隠れた所で努力をする事を惜しまない性分に思える。
だだし、あくまでも好きな事限定だが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

ホッとする時間

ホッとする時間

7/3以来の華道。
お花をどう活けるかアレンジを考えている時間は、心穏やかでいられる。
礼に始まって礼に終わる『道』が付く日本文化は奥深い。

今日は、蓮だけ後から買い足した為、アレンジがイマイチ落ち着かなくなってしまったのが失敗だ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

五月蝿いバス

五月蝿

本日の賄いは『カレー風味のクリームソースパスタ(具は鶏肉)』『フランスパン』。

まったりとしたクリームソースが美味でした。

仕事帰りのバスの中の、小さな子連れのじいさま。
子供が騒ごうが、走り回ろうが、ほったらかし(>_<)
公衆道徳マナー違反は『小さな子供だから見逃しても許される』と言うものではない。
子供や孫が本当に可愛くて、将来を本気で思いやるなら、キチンとしつけようよ!!

いかんな……
苛ついとるわ、私(-_-;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

名古屋弁で言う所の

どえりゃあ、運の良い日だった。

ななえちゃんと上小田井であんかけパスタランチ&ティータイム。
喋りまくって盛り上がっているうちに、気付けば17時半。
明日から仕事だし、食料品の買い出しもしていなかった為、慌てた。
ななえちゃんに上小田井駅まで送って貰い、鶴舞線の列車に乗り込む。
やれやれと時計を見ながら、

「この分なら、19時には買い物を終わらせて帰宅出来そう」

夕食作って食べて、シャワー浴びて、読書して、23時半には就寝……
などと今夜の計画を立てながら、ホッと安堵の溜息を吐いた次の瞬間、不吉な社内アナウンスが。

「ただ今、名城線は停電の為、全線運転を見合わせております。お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力をお願い致します」

はぁぁぁぁぁぁ!?(O.O;)(o。o;)
ご理解&ご協力以前の問題だよ!!
つうか、帰るルートが完全に遮断されてしまい、慌てるやら途方に暮れるやら……

少し時間は掛かるが、大曽根から歩くか?
その為には中央線に乗り換えなくてはならないから、東山線に乗り換えて名駅に戻るか千種に行って…… は、手間と時間がかかる。
桜通線・久屋大通まで行って名城線の復旧を待つか…… って、いつ復旧するんだろ?
このまま鶴舞線で八事まで行って、ジャスコで買い物しながら復旧を待つ…… 多分、これが一番待機場所が家に近いが、この季節に生鮮食料品を持ったまま待機も危ない。
と、悩みまくっているうちに、上小田井を出てから最初の名城線との乗換駅である上前津に到着。
ドアが開いて、続いて閉まる合図のベルが鳴り出す。
おっきな溜息を吐いた途端、

「名城線全線開通致しました」

のアナウンスが流れた。
よっしゃーーーーー!! とばかりに、ドアが閉まる間際に飛び降り成功(^^)V
いやもう、自分でも驚く程の素早い身のこなし(笑)
結果的に名城線全線運転停止状態に、これっぽっちも迷惑を掛けられる事なく予定通り無事帰宅。

これも、大須観音さまさまに違いない。
またお礼参りに行かなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

雨降って地固まる

雨降って地固まる

雨降って地固まる

朝から土砂降りの雨。
そんな中、あっつんと大須観音へお礼参りと今後の守護の祈願を兼ねて、お参りに行った。
参拝を終える頃から雨は小降りになり、行き付け洋食店でワインと海老フライ定食を平らげ外に出る頃には、雨はすっかり上がっていた。
天気はその後益々回復し、強い夏の日差しと蝉の鳴き声が振り注ぎ出す。
正に『雨降って地固まる』だと思った。

その後、ランの館へ。
華やかに咲き乱れる花々の姿に溜息が零れる。
洋花も良いが、今日目を惹き付けられたのは睡蓮だ。
観音様と不動明王への参拝後だったから、余計に気になったのかもしれない。

明後日からいよいよ新しい職場での仕事が始まる。
焦らず気負わず、いつも微笑を絶さないよう心掛けながら、仕事に挑みたいと思う。

思えば、2月にどん底に陥った直後、久々にあっつんと連絡を取った時、彼女もどん底にいた。
今考えると、これは偶然ではなく必然だったような気がしてならない。
あれから2人支え合ってきた。
私の方は大して役に立ってはいないが、彼女の存在に私はどれほど力付られた事やら。
このどん底の数ヵ月の経験が、きっと今後私の強味になるだろう。
この先末永く、このお付き合いが続く事も切に願いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おっと吃驚

大須観音にお礼参りに行く前に、名古屋=京都間の新幹線チケット購入の為にイオン内のJTBに寄り道。
チケット取得後、本屋をぶらついていたら、なんと偶然にもYunさんとバッタリ再会!!
偶然バッタリ出会う事が確率的に高いと思われる程の近隣に住む私達だが、現実にはその確率がとても低く、こんな偶然は今日が初めて。
お互い爆笑が止まらなかった。
10分程の立ち話(正に近所の主婦同士の買物先でのすれ違い様に……な状態)しか出来ず少々残念だが、柏葉アジサイの剪定時期のレクチャーもして頂けて、助かった(o^-^o)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

掃き溜めに鶴・ゴミ箱に猫

早苗ちゃんと内海に遠足に出かけた。
名古屋駅から電車で1時間。
ランチは、先月あっつんと行った大海原が目の前のイタリア料理店だ。
詳細はまた後日、画像付きにて(*^_^*)

ランチ後、潮騒を聞きながら海岸沿いをお散歩。
海水浴シーズンには尤も人で賑わう浜辺まで心地良い風に吹かれながら機関銃トークを炸裂させたが、海水浴場前の舗装された道路に置かれたゴミ箱の前を通り過ぎる際、私は俄に言葉を失った。
白いゴミ箱の中に、白いものがある。
最初は、ゴミ袋だと思った。
が、どうも『もこもこ』『ふわふわ』している。
足を止めてよ〜〜く見ると、なんと『白猫』!!
猫がゴミ箱の中に入っているのだ。
マジマジと見やると、猫も私を凝視してきた。
だがゴミ箱から出る気配はない。
てっきり『餌にありつく為』に入り込んだものの、出られなくなって困っているのだと思い、

「何しとるんや? 手え貸してやるよって、早う出や」

と、親切心で手を差し伸べたら、いきなりもの凄い瞬発力と跳躍力でもってゴミ箱から飛び出し、『じとーーー』疑いの眼差しを向けてくる。

「あんたの餌なんか、横取りせえへんよ」

と、言いたくなる程の、険しい眼差しであった。
う〜〜む…… まさか猫に泥棒扱いされようとは(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

LESPORTSAC

LESPORTSAC

念願のLESPORTSACのバッグを手に入れた。
デザインが豊富な事も欲しかった理由だが、何より軽くてポケットが沢山付いていて、使い勝手が良さそうな事が手に入れた大きな理由だ。
しかも、40%Off(●^o^●)
が、あまりにデザインが豊富すぎて、実は選ぶのに丸1日悩んだと言う曰く付きなバッグでもある(^^;

今日が使い初めだったが、期待以上に使い勝手が良く、満足のいく買物となった(*^∇^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

咲いてしまった

咲いてしまった

先日、なばなの里で購入した桔梗
蕾が固すぎる程のものを選んできたつもりが、早くも開花。
この清楚で涼しげな桔梗は、大好きな花のひとつだが、柏葉アジサイが終わった後に楽しむつもりだっただけに、予定よりかなり早い開花に少々残念な気持が湧いてくる。
この分だと、この夏は何回桔梗を買い替えれば良い事になるのやら(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

休館だった

奈良の国立博物館にて『法隆寺・金堂展』が開催されている。
是非とも行きたいと思っていたら、なんとあっつんが計画中との事。
その計画にちゃっかり参加させて貰う事になり、有頂天になった。
ところが、就職が決まり16日から就業と言う事になった為、残念ながら17日に企画されている奈良旅行はさすがに涙を呑んで諦めるほかない(ノ_<。)
でも、イザとなると諦めきれない。
奈良漬けも食べたいし買い込みたい……
春日大社に、息子の受験のお礼と私の就職報告もしたい……
その時ふと、早苗ちゃんが7日が休みだった事を思い出し、お誘いを掛けてみた。
あっさり快諾♪
やったー!!
が!! ウキウキ気分で奈良の観光書と格闘し始めた私の目に飛び込んできた情報は、

『国立博物館休館日:月曜日』

ががーん(O.O;)(o。o;)
と言う訳で、結局この目論見は海の泡となって消えたのだった<とほほ(;>_<;)

金堂展は7/21まで。
これはもう、去年同様ななえちゃんを口説き落とし、大晦日に奈良旅行を慣行して法隆寺まで行くしかない。
が、ななえちゃんは和食が食べられない。
和食好きな私にとって、これは実に痛い……
茶粥も懐石料理も食べられないってのは、京都・奈良では厳しい(×_×;)

この際だから、プー太郎のうちに一人旅と言う方法もある。
これまでも何度も一人旅はしている事だし。
日帰り遠足とあれば、楽勝だ。
が、どうも今回に限っては一人旅が『寂しく』思えてしまい、腰が上がらないままである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反応それぞれ

就職活動成功したよ報告をした時の、我が家の反応。

『娘』
「すご〜い!! 凄い!! 良かったね(#^.^#)」
ああ、その無邪気で素直な明るさと優しさが超可愛い♪

一方、真逆をいく反応を見せた『息子』。
端的に一言、
「へー 良かったじゃん。で、どういう仕事?」
淡白だ……

呆れた『旦那』の反応は、
「社員割引宜しく!!」
実費で払え、馬鹿……

興味あるから、一応聞いてみるけどさ(__;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効果覿面

お手製ブックカバーのおまけに付けた『セーラー服と機関銃』
作戦が効をそし、娘は小説を読み進め始めた。

「私でもスムーズに読めて、凄く面白い(#^.^#)」

だそうだ。
子育ても作戦が大切と、改めて感じ入っている(笑)
活字中毒になる要素は植え付けた。これをどう継続させていくかが今後の課題。
次は、『三毛猫ホームズ』あたりをプレゼントするかな。

ちなみに、残り布アメニティは娘の友人の間でも好評らしく、羨ましがられているとか。
ついでに、剣山で活けた生け花も何故か好評。
恥ずかしながら、娘にとって私は自慢の母になっているようである。
くすぐったいし、恐れ多いが、素直に嬉しい……(O.O;)(o。o;)

ただ……
メールでそう言われて感激ひとしおでも、字の間違いを見付けた途端に脱力なのさ。

「さすが母ちゃん!!」

『わ』じゃなくて、この場合は『は』だよ(__;)
もう中学生なんだから、メールを出す時は間違いがないか確認する習慣も付けようねm(__)m

ひとまず、今後も微力を尽くさせていただきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

路地裏の小さな花屋

路地裏の小さな花屋

いつもなら地下街を歩く栄。
今日はたまたま久屋のハンズを出る時に地下まで降りず1階から外に出た為、表通りをゆっくり時間を掛けて歩く事になった。
小雨が舞って服も髪も濡れてしまうのだが、不思議と気にならない。
その時、ロフトへ向かう道すがらで小さな路地を発見。
何度も通った事のある道なのに、その小さな路地には今まで全く気が付かなかった。
通り過ぎてしまおうかとも思ったが、なんだか気になって狭い路地を覗き込む。
すると、間口の狭い一見そうとは判らない小さな花屋さんがひっそりと佇んでいた。
躊躇いながら店内へ入ると、薄暗い中に豊富な花が活けてある。
若いのに穏やかな男性店主は場所柄(ホステスさんのいる酒場街が近い)もあるのかとても花に詳しく、アレンジ方法やアレンジに適した花の選び方を詳しく説明してくれた。
とても感じが良く、勧められるがままに何本か購入。
栄の一等地だから、花を包んで貰う間中お値段にヒヤヒヤ。
が、今日は最良の同僚の命日とプライベートな祝い事が重なったので奮発するつもりになっていた。
だが、店主の性格なのか、お値段まで良心的。
穴場の素敵な花屋。
今後も贔屓にしたいものだ。

今日は、本格的生け花チックに活けてみた。
「松月堂古流」の師匠に見せたら、花ごと吹っ飛ばされるかもしれないが(O.O;)(o。o;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

蛤フライ御膳

蛤フライ御膳

蛤フライ御膳

急に話が決まり、あっつんと一緒に『なばなの里』に行ってきた。
紫陽花フェアが今週一杯で、これを逃すと来年まで待たなければならないからだ。
名古屋駅・名鉄バスセンターから直行バスで約30分。
バスに揺られながら、遠足&小旅行気分を味わう。

園内は花・はな・華!!
とにかく花で溢れかえっている。
その中でも特に紫陽花は郡を抜いて素晴らしかった。
華やかな洋花と違い、なんとも言えない魅力を放つ紫陽花は、目にも心にも癒しを与えてくれる。
あまりに多くの種類がありすぎて、それぞれの種類の名前は殆ど覚えていないが、可憐な華やかさに目を奪われた。

花の画像は整理出来次第アップする予定。
とりあえず今日は、ランチで食した『蛤フライ御膳』&『地ビール』をご披露。
満腹(^^)V

帰りに花市場で、柊と桔梗と黄金朝霧草を購入。
柊は魔除けとして、ベランダに。
桔梗と黄金朝霧草は、そろそろ終わりそうな柏葉アジサイの後に目を和ませて貰うつもりで、やっぱりベランダに。
花(華)のない人生なんて寂しすぎるから(#^.^#)
玄関の百合もそろそろ萎れ気味。
次は何を飾ろうかとあれこれ考えながら、花屋を彷徨くのも今や趣味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

ご依頼の品

依頼品竹刀袋

依頼品竹刀袋

娘の剣道友達から依頼された竹刀袋が無事に完成。
依頼を受けてから、1ヶ月半……
随分と長いあいだ待たせてしまった(-_-;
その替わり、娘のものよりバージョンアップを図ったつもり。
ポケットの位置が少し高いのが痛恨のミス。
悔やまれるが、さすがに完成後に修正するのはブックカバーと違い難易度が高く、断念。
色指定は受けたものの、生地もデザインも私の独断なので、気に入って貰える事を祈るばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまけの『セーラー服と機関銃』

同じ柄(クローバー柄)で娘にひとつ。
剣道用竹刀袋に使用した皮(ダークブラウン)で息子にひとつ。
ブックカバー制作数は、最終的に合計3つと相成った。
ああ、肩凝った。目も疲れた。
でも、嬉しそうに貰って(使って)くれる人がいてこそのものだから、満足度も大きい。
ちなみに、活字中毒の息子とは180度違い、活字で泣きたい!! と言いつつ小説をあまり読みたがらない娘のブックカバーには、おまけに『セーラー服と機関銃』をくっつけておいた(笑)
昨年ドラマ化にもなっていて記憶が新しく(テレビ映像のおかげで)小説世界に入りやすい上に、赤川次郎は活字中毒に陥らせるには一番早道な作品だと思うからだ。
実際、私自身がそうだったから……(三毛猫ホームズに填ったなぁ)

セーラー服機関銃

世代を超えて親子で話題を楽しめるようになれば、尚嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »